タグ:グリーティング・カード ( 25 ) タグの人気記事

紙の人形勢揃い

f0141785_1321813.jpg
人形を、作りたくとも技術ナシ。ついでに材料も、イギリスでは中々思うように手に入りません(手作り後進国なんですぅ)。で、一番てっとり早く、紙で作って見ることにしました。ベース(ボディ)となる材料は、シリアルの空き箱! シリアルのパッケージって、大抵ハサミで切れる最厚の紙なので、私は取って置いて何かと活用しています。一応、地色の薄めのものだけを選んでみました。型紙を作って、ベースは全て同じにしました。後は、紙ナプキン、レースペーパー、ラッピングペーパーのリサイクル、市販のシール、柄マステ、リボンの切れ端、予備のボタン等何でも使って、服を着せて飾り付けます。「イッツ・ア・スモ-ル・ワールド」の人形を意識して、釣り目にしたので、P太に「宇宙人」っぽいと言われましたが、髪がない状態では益々宇宙人っぽいです(笑)。撫で肩な点を除けば、超寸胴&ぶっとい短い手足等、限りなく自分に似ています…。
f0141785_1323856.jpg
さて、一体何に使うの?と言いますと、一応カードのトッピングとして使えます。ちょっと送る相手に似せてみると、尚面白いんじゃないかと思います(この体型じゃイヤだろうけどさ)。
f0141785_2303574.jpg
沢山繋げて、子供部屋やパーティ等に、バンティング(ガーランド)として飾っても楽しいかも知れません。
[PR]
by derliebling | 2014-07-09 15:28 | おもちゃ・人形

母の日のムーミン・ママ・カード

f0141785_4501092.jpg
今日5月の第二日曜日は、日本では母の日ですね~。これはアメリカ式に倣ったものらしく、イギリスでは母の日は、復活祭の3週間前の日曜日(大抵3月末)で、今年は義母にはこのカードを添えました。フィンランド人の義母にとっては、これ以上ない位相応しいモチーフだと思いまして…。エプロンだけ、色鉛筆で粗くザクザク塗っています。ところでムーミン・ママって、いつでも何処でも家の中であろうと、常にバッグを持っていますね。まあこれとエプロンがない場合、ムーミンと区別が出来ないからだとは思いますが(笑)。
[PR]
by derliebling | 2014-05-11 15:27 | ステーショナリー・グラフィック

レース・モチーフのグリーティング・カード kawaii

f0141785_5461010.jpg
ライのアンティーク・モールに、手作りのレース製のブックマークやグリーティング・カードを並べているコーナーがあり、友達の誕生日に贈る為に、そこからカードを一枚買いました。友達の好きなモチーフとしては、リスやハリネズミもあったのですが、今イチ可愛いデザインではなかったので、モチーフ的には在り来たりだけど、このレースが一番美しく見えた花柄のを選びました。
f0141785_5464371.jpg
花の部分は三重になっていて、葉の部分も繊細で、最も充実して見えたのです。臙脂色の背景は、ビロードのような起毛の布地。オフホワイト色の台紙は、マーメイド紙のようなシボのある用紙。楕円の枠の縁には、エンボスが施されていて、丁寧に仕上げられたカードです。
[PR]
by derliebling | 2014-04-30 15:43 | ステーショナリー・グラフィック

リトルツイン・スターウォーズ

スターウォーズのファンで、更に日本のファンシー・キャラクター・グッズが好きな義妹への誕生日カードは、キキララ版ルーク&レイア姫にしてみました。まあ、実際に双子って設定ですよね、この人達。
f0141785_20185787.jpg
子供の頃はキティ派だったので、キキララには全く興味がなかったのですが(もっとも単に流行だっただけで、サンリオ・キャラを可愛いと思ったことは特になかった。笑)、今見ると、素直に子供らしくて愛らしいデザインですね。ただ、現代版のキキララのイラストは、一瞬パソコンのディスプレイの不具合か?、または目が可笑しくなったのかと疑う程、全体的に霞んで見えるような、凄く薄~い色調なのが気になります。
[PR]
by derliebling | 2014-03-08 15:22 | ステーショナリー・グラフィック

花いっぱいの春色カード

毎年この時期、ヴァレンタインとか各種記念日とか家族友人の誕生日が集中しているので、何かとせっせとグリーティング・カードを作っています。今年は、中国の旧正月から始めました。特に作りたい!と思っている訳ではないんですが(とほほ~)、市販のカードで贈りたいものが本当に見付からないもので…。
f0141785_2373126.jpg
日本でもイギリスでも、単に紙に印刷だけではなく、ちょっと立体的に出っ張っていたり、意素材が使われたカードに人気があるようです。このカードも、花パーツの一部は、ウレタン付きの両面テープで貼って、少し盛り上げた状態にしています。花の種類は、この世に存在しないウソ花(笑)。花の中心には、ボタンを付けました。元Yシャツに付いていたような、極普通~のボタンの再利用で十分です。
f0141785_2375316.jpg
イギリスではグリーティング・カードは、受け取って一定期間が過ぎたら、基本的に処分しちゃうものなので、凝り過ぎては可笑しいし(もっとも凝ったものを作る能力はない)、こんな底々ユルイ手作りで十分ですが、封筒を開けた瞬間、明るいハッピーな雰囲気にはなれるように一応心掛けています。
[PR]
by derliebling | 2014-02-24 15:36 | ステーショナリー・グラフィック

ちょっと押し付けがましい(笑)アメリカのXmas切手のカード

f0141785_2214427.jpg
本物の使用済みクリスマス切手を使用した、アメリカ製のクリスマス・カードです。切手もアメリカ発行のもので、ポインセチアのモチーフです。カード自体はスミ一色でシンプルにプリントされ、このプレゼント・ボックス型の構図なら、どんな切手を貼っても映えそうです。
f0141785_223664.jpg
しかし、カードそのもののデザインは、正直言って切手ファン以外には地味に写ると想うのですが、もう一つの注目処はカードの裏面です(中面は無地)。文字が、何だかやたら長々と書き込まれています。「この切手はリプロではなく本物…」とか、「切手コレクションは世界で最も人気のある趣味…」などと言っているます。実物を手にすれば、切手が本物かどうかなんてイッパツで分かるし(返ってリプロのほうがコストが掛かりそうだ)、地味な割に、デザイナーの主張が激しいカードだなーと思いました(笑)。それを言ったらこのブログも、地味な割に文章長くて、相当押し付けがましいんですけど(爆)。
[PR]
by derliebling | 2013-12-21 15:26 | ステーショナリー・グラフィック

イギリスの鳥柄のグリーティング・カード 4種

昔は、仕事の資料用の為もあり、何処へ行ってもせっせとグリーティング・カードを買っていました。勿論海外旅行中も、例外ではありません。しかし後から見ると、どうしてこのデザインを買ったのか??と疑問に思えるものが結構あります(笑)。特に、イギリスのカードにそれが多い。でもこの鳥がモチーフとなっているカード4枚は、珍しく今見ても中々素敵だと思える、デザイン性の高いイギリスのカードです。
f0141785_645514.jpg
確か10年近く昔、ロンドンのテームズ河畔のデザイン・ミュージアムのショップで買ったと記憶しています。全て同じデザイナーに寄るもので、どれも切り絵のようなタッチで、鳥を最単純化に表現しています。単なるオフセット印刷なんですけど、結構特色を贅沢に使っている為、シルク・スクリーンのようなコクが印刷にあります。使用紙に、少しシボのあるマットな紙(タントを厚くしたような)を選んだところも正解。柄にはそれぞれタイトルが付いていまして、これは「春の止まり木」だそうです。
f0141785_653468.jpg
こちらは「森 その1」。この形だけで鳥に見えるのは凄い。
f0141785_665346.jpg
そして「日中のフクロウ」。どのカードも、新鮮さとレトロ感、甘辛具合の絶妙な色の組み合わせがツボです。
f0141785_675896.jpg
タイトルは「巣箱」。樅の木が描かれているし、色合いが雪を連想させるから、勝手にクリスマス・カードっぽいと思っていたのですが、特に意図はしていないようです。

イギリスのカードに、良くこんなの買ったもんだと後から思えるものが多いのは、内容と照らし合わせた時、とにかく値段が高いからです。誰かに贈る為なんてもっての他で(笑)、観光客じゃなきゃ買わない価格だなーと思うものばかりです。値段もプレゼンの重要な要素で、商品の魅力を大きく左右しますので。
[PR]
by derliebling | 2013-11-25 15:27 | ステーショナリー・グラフィック

Hauskaa Joulua!

f0141785_645870.jpg
「Hauskaa Joulua」とは、フィン語で「メリークリスマス!」の意味だそうです。先日訪れたフィンランド教会のクリスマス・バザーでは、沢山売られていた北欧の小人のトントゥ(ニッセorトムテ)人形の赤が特に印象的でした。赤い色でまとめてトンガリ帽子の小人モチーフにすれば、もしかしたらトントゥに見えるのかも?と思って、フェルトで試しに作ってみました。最初に作ったのが右で、しかし何だか思い描いたのと違うと思い、次にちょっと改正してみたのが左。二つ並べると、そんなつもりは全く無かったのに、何となく男の子(右)と女の子(左)に見えて来るから不思議です。
f0141785_831380.jpg
最終的には、こんなクリスマスカードにしてみました。足部分はグログラン・リボンで、わざと貼り付けず、ぶら~んと揺れる状態にしています。一体、北欧に一度も行ったことのない東洋人の作ったエセ・トントゥが、一応トントゥに見えるものなのか?? …義母で試してみたいと思います(笑)。
[PR]
by derliebling | 2010-12-22 18:19 | ステーショナリー・グラフィック

ハンガリーのハンドメイド・カード

f0141785_2261692.jpg
東京で文具メーカーに勤務していた頃、商品として一番人気のある、つまり売れるグリーティング・カードは、立体的な、または異素材を使用したカードでした。すなわちポップアップカードだったり、ビーズやリボンなどがトッピングされたもの。紙に普通にオフセットで印刷された、長方形の平面なだけのカードでは、余程画像が魅力的でない限り、商品として弱かったようです。その傾向は現在のイギリスも同じらしく、結構唐突に異素材立体パーツがカードに乗っかっていたりします(笑)。これは、随分前にブダペストのカード専門店で買った、そんな立体+異素材のカード。その店は、デアーク広場にある小さなカード屋さんでしたが、商品は大変充実していて、カードだけでなく、ノート&メモ帳などの文具、簡易なサインボード、9月以降ならカレンダーなど、とにかくハンガリーらしい商品が揃っていて、ブダペストを訪れる度に覗かずにはいられませんでした。今も輸入品などに侵略されず、そのままで残っていて欲しいものです。
f0141785_2263840.jpg
立体異素材カードって、割と何処の国でも余り変化がないのですが、これだけお国柄が出るのは結構珍しいのではと思います。木製のキノコ・パーツは、厚み5mmほどもあります。バックのメインはジュート生地で、大きさも色も日本の弁当に入れるバランのような(笑)、草を表しているらしい紙が貼ってあります。文字がスタンプされた紙は、荷造り用の縞目入りクラフト紙のようで、多分「お誕生日おめでとう」と言っているのだと思います。台紙は画用紙みたいな安っぽい紙で、接着剤で結構ガビガビ(笑)。ナチュラル感を強調する為か、こちらにはクラフト紙の封筒がセットされていました。
f0141785_227036.jpg
こちらはインディゴのカード。貼ってあるのはまたしてもジュート、荷造り用の紙、そしてハンガリー特産の藍染の切れ端がポイントです。お花のパーツは、一応素焼きのようで、メ型に押し込んで型取りしたようです。このジュートの粗い目や素焼きの素材感が、ハンガリーの乾いた空気を連想させます。封筒も、青系に合わせて水色です。文字は確か「ブダペストへようこそ!」だと思いました(ちゃんと調べろよ)。しかし布地の端は解れ捲くっているし、切り方も貼り方も真っ直ぐではないし、日本人の感覚にしてみれば、このいい加減さで商品として許せるのか?と思える完成度ですよね(笑)。しかしハンガリーのものなら、大らかでOKと思ってしまえるのは、やはりハンガリーに対する私の愛だからでしょうか。もしこれがイギリスだったら…、許せないでしょうね(笑)。だってアーティストのハンドメイド物ということで、絶対これで一枚4ポンドとかの値段が付いているはずだもん!
[PR]
by derliebling | 2010-09-26 16:45 | ステーショナリー・グラフィック

アメリカン・カントリーのグリーティング・カード

f0141785_6221850.jpg
仕事柄、「インターナショナル・ギフトショー」という雑貨中心の見本市に毎回参加していたのですが、新商品を紹介しているはずなのに魅力的な商品は滅多にないし、例え気に入っても見本市だから基本的に買えないし、決して面白いものではありませんでした。でも最終日には、主に海外の参加者は、荷物を減らす為に展示品の販売を行ったりしました。その時とても欲しくなって購入した、アメリカのカードです。普段アメリカン・カントリーって然程興味ないんだけど(特に「ラガディ・アン」のようなカントリードールは苦手…。全く可愛いと思えない)、これは今見ても、デザインも色も繊細で魅力的です。サイズはA6位と、グリーティング・カードとしてはちょっと大きめ。地色は生成り。中面は無地。柄はシルク印刷。浅いエンボス加工が、デザインに奥行きをプラスしています。
f0141785_694292.jpg
淡い水色で優しい雰囲気。連続模様で単色でも、全く退屈な印象はありません。
f0141785_610610.jpg
高度なパッチワークのような、かなり複雑なパターンです。四隅の花柄が可愛い。印刷色は、カントリーらしいコクのある赤。
f0141785_6103355.jpg
ステンシルやキルト等で御馴染みの、アメリカン・カントリーを代表するバスケット・パターンが連続したもの。
f0141785_6105761.jpg
この柄は、鳥モチーフで特にお気に入りです。甘過ぎない大人のピンクもポイント。
f0141785_6112243.jpg
ちょっとキリリとしたインディゴのグース柄。これもキルトを元にしたようなパターンです。
[PR]
by derliebling | 2010-04-30 07:17 | ステーショナリー・グラフィック


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル