人気ブログランキング |

2012年 02月 12日 ( 1 )

雪景色の会津 鶴ヶ城編

f0141785_19154626.jpg
この日はレンタカーを借りて、P太と二人で会津若松市に行って来ました。会津と言えば、日本有数の豪雪地帯。私は、会津に行くのはほとんど夏で、冬なら雪の少ない年にしか行ったことがありません。この季節の福島のレンタカーは、もれなくスタッドレスタイヤを装着しているようだし、P太は相変わらず(いつでもどこでも)運転する気満々なのですが、はたして大丈夫でしょうか?
f0141785_1916986.jpg
福島県の中通り地方から、国道49号線を西へ向かい、奥羽山脈の「中山峠(今はトンネル)」を超えると、そこからが会津地方。まずは猪苗代湖で一休みです。空は重い雪雲で覆われていますが、磐梯山はハッキリくっきり見えて、猪苗代湖&磐梯山、まるで福島県を象徴するような風景です。
f0141785_19163268.jpg
この時期の猪苗代湖は、白鳥でいっぱい。近くのレストハウスで、白鳥のエサも販売されています。でもはっきり言って、陸を歩いてエサを強請る白鳥は、優雅のカケラも無い姿で、かなり間抜け…。
f0141785_19165286.jpg
夏の時期なら、こんなボートも貸し出されます。…何だかシュールですね。
f0141785_19171729.jpg
会津若松市内に入って来ました。我々が真っ先に目指すのは、街のシンボル鶴ヶ城。雪景色に、赤い欄干の橋が映えます。
f0141785_19241677.jpg
お城までキャラクター化してしまう日本人って、ちょっと凄い…(笑)。
f0141785_19174199.jpg
二重のお堀や石垣の立派さに、当時の会津藩の威厳が感じられます。言うまでも無く戊辰戦争の悲劇の舞台ですので、ここに来る度に、否応無しに「荒城の月」のメロディが思い出されます。
f0141785_19181135.jpg
城址公園自体は、無料で自由に出入り出来ます。城の建物内部と茶室と御薬園のみが有料。観光客だけでなく、地元民にとっても、格好の散歩コースなのでしょう。春は桜の名所として有名だし、秋の紅葉も見事なのだと思います。しばらく公園内を通って行くと…、
f0141785_19183924.jpg
出ました、鶴ヶ城の天守閣。いかにも「いよっ、これぞ日本!」と言うような、堂々としたお姿です。雪の鶴ヶ城は一層迫力。
f0141785_19194595.jpg
でもこのお城、実は1965年に再建された、鉄筋コンクリート造りなんです。内部は、城自体、会津藩、戊辰戦争、会津に因む特産品等の資料が展示され、様々な企画展も行われる博物館になっています。これは、会津名産の絵蝋燭(城内一部撮影可)。
f0141785_19203478.jpg
天守閣の天辺からは、会津盆地一帯と奥羽山脈、越後山脈の山々を眺めることが出来ます。険しい山に囲まれた完璧な鍋底の地形なので、夏は暑く冬は寒さが厳しいようです。快晴の見晴らしの良い日の眺めは最高でしょうけど、霧掛かった雪景色も会津らしくて中々(…しかし耐え難い程寒いっ)。
f0141785_19221688.jpg
こちらは、白虎隊の最期の地、飯盛山方面(多分)。今回は、飯盛山は見送りました。
f0141785_19225137.jpg
城前の庭園の樹木は丁寧に雪囲いされ、それがまた雪国の城下町の情緒を引き立てています。
f0141785_19234543.jpg
城址公園内の「茶室麟閣」は、城との共通券で見学できます。元々は、戦国時代の武将で文化人の蒲生氏郷が、豊臣秀吉に寄って死に追い込まれた千利休の息子の少庵を匿い、千家を保護する為に城内に建てたらしい、由緒ある茶室です。戊辰戦争後の城の荒廃に伴って、一度他所へ移築され、1990年に再び城内へ移築復元されました。別途料金で、実際お茶も楽しめます。ここの庭園も本当は見事なんでしょうけど、ちょっと雪に覆われ過ぎ(苦笑)。
f0141785_1924407.jpg
お城を去った後、街で昼食にお蕎麦を頂きました。会津には美味しいものに事欠きませんが、その中の一つで、是非味わって欲しいのが蕎麦。本当は、蕎麦は盛りやザルなど冷たいものが美味しいんでしょうけど、余りの寒さに、二人とも暖かいお蕎麦+かき揚げのセットを注文。
f0141785_1925172.jpg
お蕎麦の美味しさもさることながら、今回の帰国中、天ぷら類を何度か食べた中、サツマイモの千切りと小柱が入ってサクサクで、一番美味しいかき揚げとなりました~。
by derliebling | 2012-02-12 17:33 | 旅行・お散歩


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2019年3月より、手帖3刷目で更新中です。
※コメントは、こちらのブログへ頂けますようお願いします。

手帖2冊目(2014年8月~2019年2月)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

Copyright
©2007-2019
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル