人気ブログランキング |

コッツウォルズのハチミツ色の町バーフォード

大聖堂の街グロスターからは、出来るだけ高速を利用せず、一般道を通って帰ることにしました。そうなると、通過するのがグロスターの東に広がるコッツウォルズ丘陵地帯。湖水地方と並ぶイングランドを代表する観光地のコッツウォルズですが、今までもウェールズからの帰りとか何度か素通りしました(笑)。今回もまた素通りか~と思いきや、グロスター観光が予定より早く終わったので、中世の面影を色濃く残す、コッツウォルズの人気の町の一つ「Burford バーフォード」に急遽立ち寄ることに。
f0141785_22135860.jpg
バーフォードの特徴は、急な坂道になったハイストリート(目抜き通り)に沿って、街が発展していること。パックツアーで早足でコッツウォルズを回り、どれがどれの場所か混同して分からなくなっている人でも、「急な坂道のハイストリートの町」と聞いて、「ああ、あれか」と思い出す人は居るかも知れません。
f0141785_22142784.jpg
まずは、中心街のはずれの無料駐車場に車を止めます。この駐車場は小川沿いにあり、川には沢山の水鳥が。人の姿を見ると、餌が貰えると思ってワラワラ集まって来ます。
f0141785_22144890.jpg
汚らしい灰色の首の長い鳥は、実は白鳥の若鳥です。左の唯一白いのが母鳥だと思います。雛と呼ぶには大き過ぎる、母と変わらぬデカさなのに、未だお母さんにくっ付いているのか…。ヨーロッパには一年中白鳥が居る為、この不恰好な姿を始めて見掛けた時は、結構衝撃を受け、「みにくいアヒルの子」とは良く言ったものだと納得しました。でも見慣れて来ると、それなりに愛嬌があります。
f0141785_22152480.jpg
そして、川に面した凄く絵になる一般住宅の庭。陸に並んでいる鳥は作り物です。
f0141785_22155249.jpg
コッツウォルズの魅力と言えば、コッツウォルズ・ストーンのハチミツ色の家並みです。これは、この地方で産出される黄色掛かった石灰岩で、独特な景観を作っています。
f0141785_22445224.jpg
こんな裏道でも、新築の家でも、やはりコッツウォルズ・ストーンの建物ばかりでした。
f0141785_22174794.jpg
町の規模の割に立派な建物が多いのは、かつて羊毛産業で栄えた為と思われます。
f0141785_2235738.jpg
建物の間の天井の高い通路は、元々馬車用だと思います。それだけ裕福な人が住んでいた証拠です。
f0141785_2331122.jpg
ハイストリートです。本当に相当急な坂でしょ? 上り切るのには、結構息が切れます。
f0141785_2219619.jpg
バーフォード訪問は二度目です。前回は、両親と一緒に三月末頃訪れました。その時泊まった「ストウ・オン・ザ・ウォルト」のB&Bのお勧めでした。そんな寒い季節も結構観光客で賑わっていましたが、イギリスの田舎を訪れるなら、やはりバラが咲いている季節には敵わないと実感しました。印象が全然違います。コッツウォルズ・ストーンの外壁に、まあバラが映えること。
f0141785_2220137.jpg
こんな人気の観光地の田舎には、誇りを持った、真の田舎好きばかりが住んでいるので、店舗は勿論一般家屋も、建物や庭の手入れは行き届き、特にこの季節、花を絶やさないことには抜かりありません。この駐車場近くの小川沿いの家は、一際気合入っていました(鶏も放し飼い)。庭先で寄せ植えも販売されていて、ガーデニングのプロ、もしくはエキスパートのようです。
f0141785_22202190.jpg
こんもり茂ったハンギング・バスケットは、イギリスのガーデニングの真骨頂かも。
f0141785_22343783.jpg
ベイビーピンク色のドアとハチミツ色の壁、更にバラの花の組み合わせが童話的。
f0141785_22172896.jpg
この心地よさそうなベンチは、通りの角にある公共の場所のようです。
f0141785_22194174.jpg
前庭がほとんど存在しない家でも、この通り。藤の花の季節には、さぞ美しいことでしょう。
f0141785_22241527.jpg
本当に開くのか?と疑いたくなる、古めかしい扉。
f0141785_22243399.jpg
ヴィクトリア女王の息子、エドワード7世(在位:1901~1910年)時代のものなので、相当古いポストです。一般住居の外壁に埋め込まれていて、この家に住んでいる人には便利。
f0141785_2226648.jpg
こんなキノコ型の石造物は、staddlestoneと呼ばれています。かつては、高床式のネズミ返しとして作られました。今はコテージ・ガーデンに人気の装飾物なので、レプリカかも知れませんが。
f0141785_22234590.jpg
人気の観光地の田舎なので、ハイストリートには可愛いお店が並びます。
f0141785_22265517.jpg
前回甘いもの大好きの父がファッジを買った、昔ながらの店構えのお菓子屋さん。
f0141785_22271636.jpg
日本でも人気の、エマ・ブリッジウォーターの食器を扱うお店。
f0141785_2230133.jpg
今は町役場が管理する建物のようですが、かつては市場だったのだと思います。
f0141785_22304997.jpg
小学校の建物までコッツウォルズ・ストーンで出来ていて、まるで絵本の世界。
f0141785_22311996.jpg
このパブの壁面を覆うツタは、綺麗な紅葉が始まっていました。イギリスでは、朝夕の気温は既に相当低く、日に日に秋が深まりつつあるのを実感します。
f0141785_22502262.jpg
このバーフォードは、人気の田舎と言っても、同じコッツウォルズの「ボートン・オン・ザ・ウォーター」のような外国人団体旅行者が押し寄せるバリバリの観光地ではなく、「バイブリー」のように小さくもなく、適度な大きさで活気があり、作り物ではない程良い生活感が漂うのが気に入っています。
f0141785_22183815.jpg
・・・などと毎度えらそーなことを書き並べていますが、実を言うと、初めてコッツウォルズを訪れた際(出張だった)、私はイギリスに全く興味が無く、英国観光の知識も皆無だったので、コッツウォルズの名前さえ知りませんでした~(爆)。実際今イギリスに暮らして見ると、確かにコッツウォルズは美しいし、ハチミツ色の家並みはこの地方独特のものだけど、魅力的な田舎は他にもイギリス中にまだまだ沢山あって、何もこんなメジャー過ぎる観光地までワザワザ行かなくとも良いのでは?(特に真夏)とも思えて来ます。水田の広がる田舎の景色が日本人にとって原風景なように、コッツウォルズらしい緑の丘で羊が草を食む様子は、多分イギリス人にとって原風景なのでしょう。湖水地方がイギリスでは稀有な景観で人気を集めているのに対し、コッツウォルズは最もイギリスらしい田園風景を代表しているのだと思います。
f0141785_22314067.jpg
最後に、駐車場脇の川沿いのベンチでティータイムとしました。ホテルの部屋のお茶セットで作って水筒に詰めたミルクティーと、ホテルのビュッフェ朝食からくすねて来た菓子パン。お金は全く掛かっておらず、相変わらずケチ臭いながら(笑)、ロケーションの効果で、心豊かなティータイムとなりました。
by derliebling | 2011-10-05 16:59 | 旅行・お散歩


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2019年3月より、手帖3刷目で更新中です。
※コメントは、こちらのブログへ頂けますようお願いします。

手帖2冊目(2014年8月~2019年2月)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

Copyright
©2007-2019
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル