人気ブログランキング |

ヨーロッパの歌の祭典?「ユーロヴィジョン」

f0141785_682387.jpg
Eurovision ユーロヴィジョン」は、ヨーロッパで年に一度行われるプロのポップソング・コンテストです。各国から代表者が一人(一組)出演し、前年の最優勝者の出身国で開催されます。今年はモスクワで先週行われました。かつては欧州の全ての国が参加したそうですが、主に東欧の社会主義国崩壊後、独立して国の数が急増したため、今は予選を勝ち抜いた国だけが最終大会に出場できるようです。
毎年、正にサッカーの欧州選手権並の盛り上がりようです。開催国は国の威厳を掛けて最新豪華大会場を用意し、エントリーのCGのデザインなども凄い懲りようです。しかしこれが純粋に歌を競う大会かと言うと、全くその逆です。国の思惑入り乱れ、理不尽、不公平は当たり前。政治干渉しまくり。そもそも「全然ヨーロッパじゃねいだろっ」という国も参加しているし。中には「Eurotrash ユーロトラッシュ(ヨーロッパのゴミ)」と呼ぶ人も。例えば、開催国は莫大な費用が必要になるため、優勝したくない国はわざとゴミを送ってきます。私が知る限り、サミットに参加するような言わゆる「大国」ほど投げやりです。独立して間もない小国は割と本気。各国代表の審査員が、お互い隣の国同士を投票するのも「伝統」です。審査には一応電話による一般投票もあるのですが、同じ国が続けて優勝することはないし、開催地は順繰りで上手い具合に色んな国を回っているので、あらかじめ優勝する国は決まっているとしか思えません。とにかく、この番組に関して音楽的な議論をするのは、全く馬鹿馬鹿しい限りです。
実際歌の内容はどうなのかと言うと、歌手自体はそれなりに実力のある人が集まっているようです。しかし歌のほうは、USAやUKのヒットチャートからかけ離れた(まだJ-POPや韓流のほうが近いと思う)中途半端に古臭いものが主流です。これを考えても、昔ABBAがスウェーデンから世界中でヒットしたのは奇跡です。ハンガリーより南東は、明らかに中近東のメロディで独特の世界です。勿論真っ当な、素直に「良いな」「世界でも通用するんじゃない?」と思える歌もあるのですが、忘れることにしています。何せヨーロヴィジョンですから。そして何より演出やコスチュームがド肝を抜きます(笑)。ああ、世界はまだまだ広いのね…、と思えるカルチャーショックな内容に沢山出会えます。最近では、女性歌手はマッチョ・ダンサーズを引き連れた「にせブリトニー」タイプが目立ち、男性歌手は8割方ゲイに見え、歌の途中でシャツが肌けるというのがお決まりです。バリバリのユーロビートも今だ根強し(…何せヨーロッパですから!)。それでも民族色の濃いものは、時代を超えた魅力があって結構興味深いのですが、ここ数年は、一応世界ヒットを目指しているらしく、どの国も英語の歌詞が多くなって、母国語で歌うのは少なくなって来ているのが残念です。大抵そういう歌に限って、安っぽくてイケテないのですが…。フィンランド語のハードロックなど、母音が強いから中々迫力なのですよ(笑)。バックダンサーに関して言えば、演出や衣装やメイクの奇妙さを除けば、プロのバレエか雑技団か?と思える人が多く、中々レベルが高く見応えがあります。
少なくとも今のイギリスでは、これを真面目に音楽番組として鑑賞している人はいないんではないかと思います。P太や彼の両親も、ほとんどバラエティ・ショーの感覚で、文句を言ったりバカにするのが楽しみで見ています。本当にツッコミどころ満載! ちなみに今年のモスクワ大会では、私が一番下手だと思ったブッサイクなノルウェーの歌手が優勝しました。歴代一の投票数だったとか。やはり聴衆のほとんどが、ふざけて楽しんでいるのかな…。それでも一度見始めたら目が離せないのは確かです(笑)。この番組を見たら、ヨーロッパに対する認識が変るかも知れませんよ~。
f0141785_116893.jpg
   前座に現れた巨大マトリョーシカ。中から次々と小さなマト、最後に同じ格好の女性歌手が!
by derliebling | 2009-05-21 03:15 | イギリス生活・文化


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2019年3月より、手帖3刷目で更新中です。
※コメントは、こちらのブログへ頂けますようお願いします。

手帖2冊目(2014年8月~2019年2月)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

Copyright
©2007-2019
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル