タグ:マトリョーシカ ( 63 ) タグの人気記事

ガラスのマトリョーシカ kawaii

f0141785_2264363.jpg
世の中には様々な柄のマトリョーシカ、また色々な素材のマトリョーシカ(&マト・モチーフ)が存在しますが、ガラス製は結構珍しいんじゃないでしょうか。こちらは、そんなガラスで出来たマトリョーシカ。高さ18cm位で、胴体がデキャンタ、首から上がコップになっている、小振りの水差しです。薄手のガラスで出来ていて、柄部分は擦りガラス状に見えますがプリント。全く古いものではありませんが、気に入ったので中古品をチャリティショップで買いました。シンプルながら、的確にマトを中々可愛く表現していると思います。
f0141785_175351.jpg
これらのキッチン・アイテムと顔が同じなので、多分同シリーズだと思います(白一色で、上手く撮影出来ん…)。だから、多分日本でも販売されているはずです。右は友達Iちゃんから貰ったメジャー・スプーン、左はイギリスの義妹から貰ったメジャー・カップです。皆、私がマト好きなのを良く知っていて贈ってくれました。義妹は、「もう持っているかも知れないけど…」と言ってくれたのですが、既に持っていたのはスプーンのほうで、ラッキーなことに被りませんでした。顔は全て共通でも、お腹の模様が一つ一つ微妙に違います。
f0141785_2341073.jpg
睡眠時の脱水症状を解消する為、夜中に起きた時にすぐに水分を補給出来るよう、大きなコップに水を入れて枕元に置いておくのが、P太の毎晩の習慣です。しかし、何せ猫毛だらけの我が家だから、空中にも沢山舞っていて、蓋無しのコップでは、一晩の内に絶対毛が水の中に入って汚らしいと思うのです。(因みに私は、プリングルズの蓋をコップに被せています。ぴったりなサイズなもので) それで、丁度小振りの水差しを探していたところだったのですが、コップにラップを掛けて置くのさえ億劫がる位だから、きっと「一々コップに注ぐのが面倒臭い」とか言って、この水差しも使ってくれないだろうなあ…。
[PR]
by derliebling | 2014-07-28 15:21 | テーブル&キッチンウェア

ヘン顔マトリョーシカ kawaii

f0141785_19304194.jpg
地元のチャリティショップで買った、中古の小さいマトリョーシカです。ちょっとニスは黄ばんで来ているものの、そんなに古いものではないと思います。ニスはてかてか気味で、髪はくるるんとカールした、睫の長い派手系マトと言えばそうなのですが、何だか上目遣いのコミカルな顔をしています。
f0141785_19311121.jpg
胴体(衣装)の彩色は、トールペイントらしい勢いあるストロークが利いていますが、顔自体は、極細の筆を使って中々緻密に絵付けされています。まるで、「うっほほ~い(…アラレちゃん?)」とでも言っていそう。
f0141785_19322320.jpg
最大の外側の人形で高さ7cm位の小ささなのに、5個入れ子式で結構充実しています。この上目遣いは、大きいほうから三つ目までで、残りの小さい二つは小さ過ぎて、目が単なる点になっています。
f0141785_19324524.jpg
一番小さなマトは、身長1cm程しかありません。まるでピーナッツか?と思える小ささ(笑)。
f0141785_1933281.jpg
顔がヘンな分、気取りのない愛嬌はあって、商業的な張り付いた微笑みが気持ち悪いケバ系マトより、返って可愛いかも知れません。紫がメインの色合いや、衣装の柄は気に入っています。
 
[PR]
by derliebling | 2014-07-16 15:28 | おもちゃ・人形

大きめの青い目のマトリョーシカ

f0141785_2232770.jpg
残念ながら中身の人形は一つも入っていなくて、最早入れ子式ではないのにも関わらず、味のある中々印象的なお姿が気になり、フリマで買った古いマトリョーシカです。割と大きく(身長約18cm)、胴周りもたっぷりで、その上かなりきつーく閉まっているので、私の小さな手では全く開閉不可能(笑)。主線を黒で描いた、一見スタンダードな素朴系マトリョーシカのようで、実は結構個性的なのです。
f0141785_2234973.jpg
まずこの系統のマトリョーシカには珍しく、青い目をしています。この顔が、厚化粧ケバ系マトのような商業的愛想笑いもせず、かと言って仏頂面でもなく、何とも良いお顔をしていると思いました。そして下部にロシア語が入っているマトも、ありそうで中々ないんじゃないでしょうか。生憎キリル文字な上、手書きなのでネットで検索することも出来ず、意味は分かりませんが、もしかしたら製造(または販売)されていた地名と、この80と言う数字は年代のことなのかな?? ペレストロイカ以前のマトリョーシカは、色褪せし易い絵具を使っていたと聞くので、もし1980年の製造だとしたら納得です。
f0141785_224982.jpg
頭の裏側は、例のぎざぎざ渦巻きスタンプ模様。赤で押してバラの花に見た立てて、プラトークの柄にしています。絵付けはシンプルながら(と言うか、退色でほとんど消え掛かっている)、全体的に良い飴色に育ったところや、どっしり安定した形等に、飾ると絵になる存在感があるマトリョーシカです。
 
[PR]
by derliebling | 2014-06-19 15:12 | おもちゃ・人形

水玉バブシュカのビンテージ・マトリョーシカ

f0141785_18304953.jpg
ジジババ・マグを手に入れた同じ日に、同じチャリティショップで出会った、中々好みの古いマトリョーシカです。やはり、ツキがある時はあるもんです。イギリスで売られている中古のマトリョーシカって、新し目で華やかな彩色のケバ系が多いのですが、これは多分1960~70年代製造の素朴系マト。瞳が黒目勝ちで、絵付けも彩色もシンプルであっさりしています。観光民芸と言うよりは、郷土玩具と呼ぶのが相応しい雰囲気。
f0141785_221375.jpg
一番外側の大きいマトは、すっかり陽に焼けて退色し、ほとんど黒い主線と木地色だけに見えます。良い飴色に育ったと言えば、確かにその通りなのですが…。他の我が家のマトリョーシカ達と比べて見ても、更に顔が大き目でデブです。ずんぐり丸い体型に、親しみを感じずにはいられません(笑)。
f0141785_2223353.jpg
中の小さいマト達を見ると、やはり多少色褪せ気味ではありますが、当初は原色使いの結構華やかな彩色だったことが想像出来ます。一番外側のマトで高さ11cmと、余り大きくない割には、6個組みにもなっていて中々充実。小さい三つのマトリョーシカは、目や口が点に単純化されているところがまた好き。
f0141785_2225278.jpg
お腹のメインの柄は、一番大きいマトから、花(消え掛かっているが)→花→ブドウ→サクランボ→ブルーベリー→何かの文様になっており、童話的でまた可愛いのです。
f0141785_2231395.jpg
3番目から5番目のマトの頭に巻いたバブシュカ(スカーフ)が、水玉柄なのも、私にとってはポイント高し。
  
[PR]
by derliebling | 2014-04-24 15:16 | おもちゃ・人形

メリーの「ショコラーシカ」の紙箱

f0141785_6194650.jpg
また手に入れた、マトリョーシカの棺桶(笑)。今や可愛い物好きにとっては定番となっている、洋菓子メーカー「メリー」のチョコレートのマトリョーシカ型パッケージです。姉から、誕生日のプレゼントと一緒に、箱だけ贈られて来ました。多分バレンタインで女子チョコとして貰った…とかだと思いますが、食べた後で、箱を送ったろーと同封してくれたんでしょうけど、それなら中のチョコの説明書も取り去ってくれ…(見ていて食べたくなるじゃないか)。もっとも、フタを開けただけで、チョコ臭が未だプンプン漂います(笑)。
f0141785_6195698.jpg
このマトリョーシカ・シリーズのは、既に持っていますが、紙箱は初めてです。マットな紙に印刷されて、造りがとても頑丈で、側面や中面にも柄が入って(抜かり無い拘りが好き)、紙箱も缶に劣らず魅力的と分かりました。身長10cm程度の小さなサイズですが、それが返って可愛いと思います。
f0141785_6202799.jpg
マトの棺…、いや紙箱のほうも、これで三姉妹となりました。左はイギリスで買ったラッピング・グッズ、右は新潟の「マツヤ」のロシア・チョコです。
[PR]
by derliebling | 2014-03-02 15:17 | 箱・缶・入れ物

マトリョーシカの紙製ボックス kawaii

f0141785_136060.jpg
日本の100円ショップには未だ遠く及びませんが、イギリスの1ポンド屋も、徐々に少しは気が利く商品を売るようになって来ました。私が良く買うのは、野鳥用のエサとラッピング等の文具類、それから人形の服にする為の材料探し(主に安物衣料やカード部材)も怠れません。この紙製の箱は、そんな1ポンド屋のクリスマス・コーナーで見付けました。インド製とかなんじゃないかと思いますが、造りは相当頑丈だし、全体の色合いもポップながらトーンが渋めで、安っぽくはありません。側面は水玉柄だし、蓋には刺繍までしてあります。何よりもマトちゃんの顔が、ちゃんと可愛いと思いました。日本の雑貨の影響で、イギリスでもマト柄がかなり増えて来ていますが(何故かこけしもどき柄とペアなことが多い)、幾らマトリョーシカ・モチーフが好きでも、肝心の顔が許せなかったらアウトです。
f0141785_1364431.jpg
結構ずっしり重さがあるので、もしかしたら中は入れ子式で、小さなマト箱が幾つか入っているのかもと期待したのですが、さすがにそれは欲張り過ぎでした(笑)。しかしコレ一個だけでも、1ポンドの価値は十分あると思います。イギリスで可愛い現行品は貴重なので、すかさず友達の分も買いました。
f0141785_1365644.jpg
でもやっぱりこの手の箱って…、どうしても私には、マトリョーシカの棺桶に見えてしまうんですよね。
[PR]
by derliebling | 2014-01-30 15:13 | 箱・缶・入れ物

マトリョーシカのフェルトのブローチ kawaii

f0141785_683282.jpg
日本の義妹へのクリスマス・プレゼントに添える為に作った、フェルト製のマトリョーシカのブローチです。小学生やどんなぶきっちょでも出来る、ユルい即席手芸を考え出すことに掛けては、自信がある私(自慢してどーする。笑)。髪とフードの端と裾の模様だけが刺繍で、後はほとんどボンドで貼り付けただけ。でも貼り付けることに寄って、本体がガッチガチに硬くなるので、ブローチとしては返って好都合です。また、どんな小さなリボンの切れ端でも、とって置くと、こういうものを作る時に活躍します。
f0141785_684724.jpg
かなり大きいので、服そのものよりも、バッグとかに付ける用です。元々義妹は、アクセサリーを身に付ける習慣はほとんど無いみたいです。しかし幾らやっ付け手抜き即席手芸でも、せめて顔はもう少し可愛く工夫すればヨカッタ…と、後から反省しました(笑)。
[PR]
by derliebling | 2014-01-23 15:27 | アクセサリー

ちびマトリョーシカ四人衆

f0141785_5423359.jpg
フリーマーケットで、身長4.5cm程の小さなマトリョーシカ3つに出会いました。買った後から、、親切にも「もう一つあったワ」と売り手さんが追っ掛けて来て、わざわざ届けてくれました。だから合計4つ。同じタッチで描かれた、同年代&シリーズのマトには間違いないと思うのですが、入れ子式ではなく、全部一緒のサイズ。この手の大きさのマトは、キーホルダーなどに加工されていることが多いんですけど、その形跡も無く、元はゲームのコマか何かだったのかなあと想像しています。ともあれ、全体的な渋めの中間色が良い感じです。全然巧みじゃなくてヘナチョコな絵ですが、結構細かく絵付けされています。
f0141785_5431384.jpg
左から、一応娘、お母さん、ばーちゃんってところかな。揃いも揃ってヘンな顔~。もし本当にゲームのコマだとしたら、他にも家族?のメンバーが存在したはずですね。
f0141785_5432133.jpg
一つだけ、どう見ても男子。これが4人の中では一番ヤケに顔が良く、何故か耽美イケメンなんです。…アゴ無し首無しのデブで、単にキモイだけの男に見えるかも知れないけど(笑)。真面目くさった表情でバラまで持っちゃって、まるで「お嬢さんをボクに下さい!!」とプロポーズに来た人みたい。
[PR]
by derliebling | 2013-09-04 15:39 | おもちゃ・人形

小ぶりのスタンダード・マトリョーシカ

f0141785_1928058.jpg
古い青い目のマトリョーシカを手に入れたのと同じ日に、同じフリマで別なストールで手に入れたマトリョーシカです。身長は8cm程度と小ぶり。黒+赤+黄色+ピンク+緑が基調の、まるでプラトークの柄のような、これぞ基本と言ったようなマトリョーシカです。資料に寄ると、これはペレストロイカ以降の新し目のデザインだそう。それだけなら、余り気に留めなかったかも知れませんが、人懐こいニッコリした微笑みが気に入りました。おっとりお茶目さんな顔です。厚めのニスでテカテカ光っています。
f0141785_19283669.jpg
ただ、愛想が良いのは、本当に一番外側の人形だけ(笑)。中の小さな人形は、スネているのかスレているのか、揃って見事な仏頂面をしています。特に左から2番目なんて、「ババア、金よこせ」とか言っている捻くれた子供のようだ。こんなに小さくとも、ちゃんと4個の入れ子式なのは嬉しいのですが…。
f0141785_19285732.jpg
いつも不思議に思うのだけど、基本形マトリョーシカに良く施されている(ハンコ?)、この指紋みたいな渦巻き模様は何なんでしょう??
[PR]
by derliebling | 2013-08-22 15:26 | おもちゃ・人形

古い青い目のマトリョーシカ

f0141785_19242996.jpg
フリーマーケットで、かなり好みのマトリョーシカに出会いました。相当古くて、絵付けは焼キゴテの主線の上に彩色されたシンプルな素朴系。一番大きな外側の人形の高さは10cm位。ニッコリ笑って、中々愛想が良いマトちゃんです。底のラベルにはMade in USSRとあり、1950~60年代のものではと思っています。しかし塗料は経年で劣化し、ボロボロと剥がれ落ちます。手に赤いコナコナが付きながらも、中を開けると…、
f0141785_19251662.jpg
中の人形は、彩色が鮮やかなままでした。どれも昔の子供用積み木のようなレトロな色合いで、青い目が印象的。ただ一番小さな人形は、目が大き過ぎて素っ頓狂な顔していますけど(笑)。
[PR]
by derliebling | 2013-07-25 15:22 | おもちゃ・人形


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル