タグ:ポーランド ( 51 ) タグの人気記事

ポーリッシュ・ポッタリーのハート型のお皿

その日のフリーマーケットは、6月だと言うのに結構肌寒いことと、サッカー・ワールドカップ開催中だったので、出店数はかなり少なめでした。これはそんな中、一番最初に覗いたストールでいきなり出会った品。
f0141785_17321586.jpg
幅約30cmの大き目の、ストーンウェアのハート型のプレートです。イギリスらしくないちょっと珍しいデザインだなと思い、ひっくり返してバックスタンプを確認したら、ポーランドのボレスワヴィレツの製品でした。いつものポーランド陶器の柄や色とはかなり雰囲気が違うので、それまで気付きませんでした。
f0141785_17323081.jpg
でも花や葉や鳥などは、定番のポーランド陶器同様、スタンプで押した柄を組み合わせて構成してあるようです。地色は優しいミルキー・ホワイト。もしかしたら、ポーランド本国で手に入れたもので、イギリスのポーリッシュ・ポッタリー屋には入って来ていないデザインなのかも知れません。
f0141785_17334182.jpg
裏面に値札の痕が残ったままで、ほぼ未使用に近いような状態です。ポーリッシュ・ポッタリーでこの大きさの食器を新品で買うとなると、決して安くはないと思います。大きな手描きのハート柄が大味で、全体的にプリミティブで無骨な印象はありますが、ハート、小鳥、花、水玉と好みのモチーフ盛り沢山の、可愛さいっぱいのカントリー調のお皿です。どんな食べ物を持っても、食卓が楽しくなりそう。さて問題は、かなり大きいし重いし変形なので、何処に仕舞うかです(笑)。
 
[PR]
by derliebling | 2014-07-01 15:38 | テーブル&キッチンウェア

ポーランドの木製人形 7

久々のチャリティショップでの収穫、そして久々のポーランドの木製人形との出会いです。この人形は、かなり年代ものの煤けたビニール袋に入って売られていたのですが、もしかしたら寄贈者(元持ち主)の購入当時の姿のままで、未開封なのかも知れません。そう思える程、人形自体の状態はミントです。買ったのは、地元のビンテージ屋風チャリティショップですが、それ程状態が良いせいか、返ってビンテージと思われなかったらしく、以前同じ店で買ったポーランドの木製人形よりも、ずっと手頃なお値段でした。
f0141785_5522923.jpg
色褪せ等は全くないものの、鮮やかな緑のドレスとピンクのレースの組み合わせには、やはりレトロな雰囲気があります。ボンネットの下の髪は、ふんわりと編み込んであるように見え、全体的によそ行き&おすましさんのイメージです。顔の右側にある黒い縦筋は、元々木目に付いたシミのようです。
f0141785_5533221.jpg
大好きなこのシリーズも結構集まって来ましたが、いつか手に入れたいと狙っているのが、ストライプのスカートを履いた、ポーランドの民族衣装を着たタイプ。ポーランド製なのに、輸出用がメインだったらしく、ポーランドの衣装を着ているものは貴重なのです。顔も全て手描きだし、一つとして同じものがないんですよね。eBayでも相変わらず人気で、可愛いなと思えるものには、すぐに高値が付くようです。
[PR]
by derliebling | 2014-03-05 15:37 | おもちゃ・人形

小さな小さな木製天使

f0141785_211565.jpg
以前、クラクフの工芸品屋さんで買いました。ポーランドで購入した訳ですが、もしかしたらドイツのエルツ地方の製品かも知れないと思っています。頭の輪っかも入れて、身長3cm足らずの小さな天使人形です。本体は木製ですが、羽はプラスティック板、輪は金属で出来ています。可愛さもさることながら、この小ささ&単純な造形で、異素材との組み合わせも全く違和感なく、造りにも手抜かりなく、天使を完璧に表現してるところに惚れ惚れしてしまいます。
f0141785_212229.jpg
頭の輪に金具を取り付けて、ペンダントやストラップにも改造出来るのですが、今のところ↑こんな状態で飾ったままにしています。ね、エルツの木製品に驚く程馴染むでしょう?
[PR]
by derliebling | 2013-12-17 15:35 | おもちゃ・人形

ポーランドの指人形

f0141785_732413.jpg
数年前、ポーランドの古都クラクフの、センスの良いおもちゃ屋さん(決してアメリカの映画やテレビのキャラクターで溢れていない)で買った、身長8cm程度の布製の指人形です。顔は油性ペンか何かで手描きされてあり、家内制手工業感に満ちています。特に民族衣装と言う訳では無く、単に村娘を表しているのだと思いますが、ストライプのスカートがポーランド中部の衣装っぽいと思いました。この他、魔法使いや小人、狩人、狼など、童話に良く登場しそうなキャラクターの指人形が揃っていたかな。
f0141785_7231923.jpg
いかにも手作りっぽい割には、結構立派なタグが。しかも何故かウッフン柄。そもそも人形の小ささに対して、タグがやたら大きくて邪魔です(笑)。
f0141785_7243138.jpg
指人形やパペットの類を見ると、思わず手に嵌めずには居られません(アホ)。
[PR]
by derliebling | 2013-10-27 15:32 | おもちゃ・人形

ポーリッシュ・ポッタリーのグレービー・ボート

「グレービー」とは、肉汁ソースのことで、イギリス人にとっては、ビーフやポーク、チキン等のロースト肉を食べる際に欠かせない存在です。なのでそのソースを入れる為の器は、テーブルウェアとして必須のアイテム。本来「グレービー・ボート」は、船っぽい横長の形のものを指すようで、こんなそれ以外の形は「グレービー・ジャグ」と呼ばれるそうです。勿論グレービーだけでなく、他の様々なソース、サラダのドレッシング、イギリスのデザートに出番の多いカスタード等を入れるのにも活躍するから、数個持っていると助かります。しかし卓上に出す際、受け皿が必要になります。どんな皿でも良いのですが、やはり揃いの柄だと嬉しい。フリマでビンテージを買うと、大抵どちらかが欠けていて、対では残っていないのが残念です。
f0141785_18143891.jpg
それがこの度、受け皿とセットのままの中古品に出会いました。古いものではありませんが、大好きなポーリッシュ・ポッタリーの製品。口径10cm位で、たっぷり大きめなのもマル。何せグレービーやカスタードは、大量に料理(デザート)に掛けるのがイギリス流ですから。
f0141785_1814557.jpg
デザイン自体は、ポーリッシュ・ポッタリーの中でも極定番柄です。その分クセがなく、色々な食器に合わせ易いと思います。この受け皿自体は、多分ケーキ皿と同じではと思います。ポッテリ厚みのある陶器の質感と乳白色の地色が、無意識に食欲をそそり(パブロフの犬状態でポーランドのパンケーキやピエロギを思い出す)、やっぱり色々欲しくなるな~と思ってしまいます。しかし少なくとも4人分揃えるとなると、決して安い買い物ではないし、一体これ以上何処に収納するの??と言う問題が待っています…。
[PR]
by derliebling | 2013-08-09 15:24 | テーブル&キッチンウェア

ポーランドの陶器の花瓶

f0141785_189970.jpg
フリーマーケットで見掛けた、いかにも東欧風の花柄の陶器の花瓶。ハンガリーのかな?と思ってバックスタンプを確認したら、ポーランド製でした。ポーランドの陶器と聞くと、まずBoleslawiec ボレスワヴィエツを思い浮かべますが、こんなフォークロア柄も存在するのですね。
f0141785_1892898.jpg
高さは15cm位で、中央が円形です。幅は5cm程度しかない、平べったい花瓶です。この形から、もしかしたら元はアルコールの瓶?とも疑いましたが、元から花瓶のようです。こういうフォークロア柄の瓶に入ったお土産用のお酒が、中&東欧には結構あるんですよね…。円型部分の花柄は、裏と表で微妙に違います。金のラインの入っているところが、やはり中&東欧らしいと思います。
f0141785_1894650.jpg
口径が小さく、全体的にどっしり重くて安定が良いので、花瓶としては使い勝手が良さそうです。例えば、こんな頭でっかちの花を生けても平気です。そして、ボリュームの割に、平べったいから場所をとらないのも良いところ。
[PR]
by derliebling | 2013-04-30 15:27 | テーブル&キッチンウェア

ポーランドの木の小箱 4

雨が降っていないので、毎週日曜日に開催される隣町のフリーマーケットには行きましたが、今だかつてない位出店者が少なかった! 何せ寒くて、日中の最高気温でさえ0度と言う日だったのです。郊外の牧草地のフリマも、もうすぐ開催されますが、早く暖かくなって欲しいものです…。
f0141785_3201070.jpg
そんなショボい日のフリマで買った、20ペンスの木箱です。9×13×4cm位で、蝶番で蓋が開きます。全く古い物ではなさそうですが、その分ダメージも無く綺麗な状態です。彫刻や焼印で模様が付けられたポーランド製の木箱は、ポーランドの工芸品の代表的なものらしく、新旧共にイギリスのフリマでも良く見掛けます。
f0141785_3204380.jpg
お土産らしく景勝地が描かれていたり、側面までフォークロアな模様がビッシリの場合も多いのですが、これはフタのみの装飾で、かなりアッサリ目。もし底にMade in Polandのシールが無かったら、ポーランド製だとは気付かなかった程かも知れません。深めのニスの色に落ち着きが有り、男性が使っても可笑しくない雰囲気です。フタの角も面取りしてあって、造りは丁寧です。
[PR]
by derliebling | 2013-03-23 15:28 | 箱・缶・入れ物

ポーランドのクリスマス・チョコレート

f0141785_1593679.jpg
姉へのクリスマス・プレゼントを送る際、ハルヴァも同封しようと(このハルヴァが今までで一番美味しかったそうです!)、地元のポーランド屋へ買いに行きました。ついでに、ポーランドのクリスマス食品もチェック。期待通り、色々心ソソられる食品が売られていました。子供用のレトロなフォイル包みの丸いチョコの詰め合わせ、ロシアの女の子柄のクッキー等があった中、パッケージも魅力的&中身も美味しだろうと思えるクリスマス・チョコレート・バーを選びました。このフォークロアなデザイン、見逃せないでしょう?? 何処がクリスマスかと言いますと、勿論パッケージのデザインだけではなく、右下端にあるように、ヨーロッパのクリスマスでは御馴染みの、ジンジャークッキーのチップが、チョコの中に入っているからです。ポーランドにはWedel社も存在しますから、チョコレートの品質は結構期待出来ると思いました。
f0141785_2012100.jpg
食べてみると、まっ~たり濃厚な甘さ。ジンジャークッキーのザクザク感は、フィンランドのFazerのクリスマス・チョコ程ではありませんが、チョコ自体は滑らか&ミルキーで中々イケます。こういう普通にスーパー等で買えるチョコレートの品質って、その国の食品(特にお菓子)のバロメーターの一つであるような気がします。チョコレートが美味しい国は、お菓子のレベルも全体的に高いのです。
[PR]
by derliebling | 2012-12-22 15:38 | 食べ物・飲み物

ポーランドのケーキ2種

現在のイギリスには、ポーランドからの移民や労働者が多く、あちこちに主にポーランド製の食料品や日用品を売る、現地ポーランド人向けの「ポーランド屋」があります。うちの町にも3、4軒あります。そのうちの一軒は、大きなガラス・ケースに沢山の種類のポーランド独特のサラミやハムが並んでおり(店内中に漂うこのサラミの匂いを嗅ぐと、中欧の店らし~いと実感します)、客の注文に応じて切り売りするのが人気です。お客は、勿論ほとんどポーランド人。その店では、自家製のポーランドのジャム入りドーナッツ「ポンチキ」や、ポーランドのケーキも、ガラス・ケースに並べて売られています。ケーキ類は、ドイツのパン屋のケーキのような、飾り気のない庶民スタイルの切り売りケーキです。P太と街へ出たついでに、まんまとその店に誘い出し(笑)、ケーキを2種類一切れずつ買って貰いました。
f0141785_19374661.jpg
家に帰って、二人で半分個ずつ分けました。ポーランド人なら見れば分るような御馴染みのケーキばかりだからなのか、名前が表示されていないので、見た目だけで選んでいます。左はカッテージ・チーズとケシの実、右はチェリーとカスタードのケーキ。
f0141785_1938123.jpg
このカッテージ・チーズはポーランド独特なもののようで、中欧の各国にそれぞれのカッテージ・チーズがあるようです。ケシの実を大量に使うのも、香料にシナモンが利いているのも、中欧らしいと思います。一方チェリーケーキには、これまたハンガリーのすっぱいサクランボ(Megy)のような、味の濃いチェリーが使われていました。どちらも、素朴で程良いホッとする甘さ。「凄く洗練された味」とは言い難いけれど、しみじみ普通に美味しいなあと感じました。イギリスに住んでいると、まずこんな真っ当な甘さのお菓子自体が稀なのです(笑)。買った時点では、「二つで2ポンド以上もした~(注:イギリスのケーキに比べると高いんです)」と文句を垂れていたP太も、食後にはすっかり満足して御機嫌でした。
[PR]
by derliebling | 2012-11-11 15:35 | 食べ物・飲み物

ポーランド陶器の人形型キャンドル・スタンド kawaii

ついに最高気温が20度を超える快晴の日々が訪れ、やっとイギリスにも夏らしい天気がやって来ました~(…一瞬だけかも知れないけど)。地元郊外の牧草地で開かれるフリーマーケットも、約一ヶ月ぶりに開催されました。当然待ち侘びていた人達は、売り手も買い手も膨大な数で、またしても予備の駐車場までストールがはみ出す程の大盛況ぶりとなりました。
f0141785_6495373.jpg
その日最初に手に入れたのが、このポーランド製の陶器のキャンドル・スタンド二個セットです。正確に言うと、ポーランド西部Boleslawiec ボレスワヴィエツ産のストーンウェアです。ポーランド陶器は、イギリスに入って来るようになってから未だ日が浅く、余り広く知られてもいないようで、中古品として滅多に見掛けるものではありません。このキャンドル・スタンドも、古いものでは全くないようです。元持ち主(売り主)の好みに合わなかったのか、少し埃は被っていましたが、未使用みたいな状態でした。
f0141785_6501815.jpg
一応男女のペアで、左が男、右が女と微妙に区別されています。元々素朴なカントリー調が持ち味で、ポッテリしたフォルム、生成りの地色に判で押した連続模様の手彩色が魅力のポーランド陶器ですが、この人形の顔パーツが、マルだけで構成されており、ハニワみたいなところも気に入りました。どっしり重く、キャンドルを差し込む穴部分が深いので、長いキャンドルでも安定良く使用出来そうです。勿論、花瓶としても使用出来ると思います。その日は陶器が結構「当たり」で、他にも幾つか入手しました。
しかし、久々の大規模フリマで興奮し過ぎたのか(笑)、天気が良過ぎて疲れたのか、帰宅後猛烈な睡魔に襲われました。それでも眠いまま無理して出掛けた義両親の家で、姪に「今日は眠過ぎて遊べないよ。ごめんね」と言ったら、大泣きされてしまいました…。
[PR]
by derliebling | 2012-07-25 16:17 | テーブル&キッチンウェア


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル