タグ:ビンテージ陶器 ( 137 ) タグの人気記事

スージー・クーパーの「ロマンス」のシュガーボウル

f0141785_1816773.jpg
一瞬「中華料理用のスープ・ボウルか?」と思える大きさと形なんですが、バックスタンプに「スージー・クーパー、ロマンス、ブルー」とありました。絵柄が余りに小さて、それまでスージーのデザインだとは気付かなかったのですが、良く見ると、有名な「ドレスデン・スプレイ」や「スウォンジー・スプレイ」に似た、スージーらしい繊細で可憐な花束柄が、内側の底にプリントされています。
f0141785_18162738.jpg
バックスタンプの通り、デザイン名は「Romance ロマンス」と言います。日本のスージー・クーパーのファンにとってバイブル的な「あの本」にも載っていない、結構レアな柄だそうです。製造年は「ドレスデン~」より後の、1950~66年頃のようです。その分、ボーンチャイナ製なので、質は「ドレスデン」や「スウォンジー」より薄く軽く丈夫だと思います。ブルー、ピンク、グリーンの三色で展開されたらしく、これはブルーだから、内側が極薄っすらと青で彩色されています。
f0141785_18165927.jpg
絵柄は、側面にも小さくプリントされています。口と高杯の縁には金彩のラインが入っていますが、経年で若干薄くなって、余りギラギラせず目立たないところが、返って私には好都合です。買った時点では、内側に砂糖がこびり付いたまま(笑)でした。これは元々、ティー・セットに付属していたシュガーボウルだったようです。こういう蓋のない砂糖入れの形態を、「オープン・シュガーボウル」と呼ぶそうです。しかし日本人だったら、カフェオレやシリアル・ボウル、デザート・ボウル、更にごはん茶碗としても十分使えそうな大きさ。どちらにせよ、この手の大きさの小鉢は、何かと使い勝手があるものです。
f0141785_18171582.jpg
スージー・クーパーは、イギリス人にとっては、日本程持て囃されている訳ではないと聞いていたのですが(日本では凄い値段で売られてますもんね!)、先日古物オークション番組を見ていたら、アールデコ期の手描きのスージーに関して言えば、イギリスでも相当人気で価値が高いようです。その時登場したのは、随分難有りの、絵柄もどちらかと言えば大味で稚拙なコーヒー・セットだったのにも関わらず、どんどん値が上がって、最終的にはかなりの高値で落札されていました。でも自分で実用するとなると、60年代以降のもののほうが、デザイン的にもライフ・スタイルに断然合うし、何より扱い易いように思います。
 
[PR]
by derliebling | 2014-07-10 15:26 | テーブル&キッチンウェア

ドイツの「グリューンシュタット」のケーキ・プレート

f0141785_35491.jpg
かな~り大きなアイテムなのですが、今まで見たことのない、北欧のビンテージ陶器っぽい魅力的な柄が、一目見て気に入って買ってしまいました。直系32cm位(ハンドル除く)の、ケーキやパイ等を乗せる為のプレートです。全体の柄が映えるので、絵皿のように立て掛けて飾っても可愛いと思います。
f0141785_3544458.jpg
野の花を50’sらしくシンプルに平面的に処理した、本当に北欧のビンテージ陶器に負けない位スタイリッシュな絵柄だと思います。全く平らな円盤に、滑り止めの凸凹付きのハンドルを、少しだけピョコンと跳ね上げて両脇に付けた、無駄のないフォルムもお洒落。
f0141785_7132937.jpg
裏面には「Edelkeramik Grünstadt」のホルマークがあり、調べてみたら、ドイツのマインハイム近郊にある同名の市の、現存する「Grünstadt Keramik (=英語のceramic) グリューンシュタット陶器」と言うメーカーのようです。これは実際1950年代の製品らしく、この他にも同時代に、北欧陶器っぽい植物柄や、ジオメトリックな文様柄、レイモン・ペイネっぽい人物柄等の、同じフォルムのケーキプレートを沢山出していたようです。もし見掛けていたら、コレクションしたくなる程魅力的なデザイン揃いですが、イギリスで出会うのはこれが初めてでした。しかしこれを買ったからには、ケーキを焼かなきゃな~と思います(笑)。
 
[PR]
by derliebling | 2014-06-18 15:33 | テーブル&キッチンウェア

世界一のスケートボーダー・マグ

f0141785_3442355.jpg
今回のフリマの戦利品です。このホーンジーの「世界一」シリーズにフリマで出会うのは、本当に久々です。ネット・オークションでも人気の高いアイテムなので、朝一の客に買われちゃうせいかなと思っていましたが、今回いつもより遅めに出掛けたのに入手出来たから、単に余り出回っていないだけのようです。
f0141785_3444595.jpg
今回手に入れた柄は、「世界一のスケートボーダー」と言う、今までネット・オークションでも見たことのない柄でした。本当にこのシリーズ、一体何種類発売されていたのでしょうね。多分このマグを売っていたストールの家庭に、スケートボードを楽しむ子供が居たのでしょう。皆、独特のポーズでスケボを楽しんでいます。男の子(?)のファッションには、時代を感じます。スケボ自体には興味はないけれど、イラストは相変わらず処理や構図の完成度が高くて可愛く、特に猫が加わっている点がポイント高いと思いました。
f0141785_345687.jpg
猫の先にはネズミが居て、実は弱肉強食のスリリングなスケートボーディングでした(笑)。
[PR]
by derliebling | 2014-06-11 15:42 | テーブル&キッチンウェア

ボーンチャイナのパンジーのハットピン kawaii

f0141785_5184880.jpg
イギリスでは、陶器の花のブローチを結構良く見掛けます。大抵ボーンチャイナ製で、一つ一つ手で形成され彩色された工芸品です。しかし硬質なボーンチャイナとは言え、造りが相当華奢で壊れ易いらしく、中古品では欠けていないものはほとんど見掛けません。ところがこれは、専用プラスティック・ケースも一緒に残っていた為か、奇跡的に無傷だったもの。大抵バラを中心に数種の花が集まったブーケ・モチーフが多いのですが、これはパンジーの花が一輪だけのハットピンです。
f0141785_5191022.jpg
この手のブローチで、ハットピン仕様を目にするのは初めてかも知れません。淡いクリーム色に紫の縁取りの可憐なパンジーが、釉薬でつやつやと輝いています。実物はパンジーよりヴィオラのほうが好きなんですけど、モチーフとしてのパンジーは大好きです(まあモチーフにした場合、どちらも見た目は変わらないとは思います)。一枚一枚の花びらや葉が本当に薄くて、すぐに欠けてしまうのも道理です。しかし陶器の花自体は、こんなに繊細な手仕事なのに、仕上げのピン金具の接着台が、花の裏面の中心からズレて付いているところが、…まあいかにもイギリス仕事らしいなと思います。
  
[PR]
by derliebling | 2014-05-03 15:37 | アクセサリー

世界一のばーちゃんマグ&じーちゃんマグ kawaii

f0141785_1325749.jpg
フリーマーケットの最盛期でない寒い季節は、てっとり早く不用品を処分したくて、チャリティショップに寄付する人が一層多い為、チャリティ屋の商品は普段より豊富なはずなのです。とは言っても、魅力的な安価な古物には、中々出会えないのが今時のチャリティ屋です。これは地元のチャリティ屋で出会った、本当に久々のドカーンな戦利品。大好きなホーンジー社のユニークなイラストのマグ・カップのシリーズで、値段も可愛かったものだから、手に入れた時はニンマリ笑いが止まりませんでした(笑)。
f0141785_1331278.jpg
今回手に入れたのは、「世界一のおばあちゃん」と「世界一のおじいちゃん」の柄です。頭つるっぱげのおじーちゃんは、山登りに勤しんでいます。凄い重装備で、一体何日山に篭るのでしょうか?? 地は薄い芥子色で、枠の中は青磁のような浅黄色。黒い主線は、ホーンジーの独特の技術で、少し窪んでいます。
f0141785_133349.jpg
背景の山には、愛しのばーちゃんのシルエットが見えます。こんな険しい山は、イギリスには存在しません。
f0141785_135786.jpg
おばーちゃんは、ロッキング・チェアでスキー中(真似しないように)。髪は黒々しているし、皺もないので、文字がなければ全く老婆には見えません。こちらの地は浅黄色で、枠の中は薄クリーム色です。
f0141785_1361038.jpg
ばーちゃんマグの後ろにも、山登りのじーちゃんのシルエットが描かれています。力強い太い丸ゴシックの書体(確か「フランクフルター」と言う名前)が、またこの時代ならでは。多分、実際何処かの老夫婦が揃って愛用していたのを、チャリティショップに寄付されたマグなのではないでしょうか。日本でも、主に土産物屋で「おじいちゃん」「おばあちゃん」などと書かれた湯飲みが売られていますが、大抵使っているうちに一気に老け込みそうな雰囲気で、この若々しいデザインのマグとは全然違いますよね(笑)。私達夫婦も、年をとったら、このジジババ・マグを使用しようと思います(未だ少し間がある…!)。
f0141785_1355550.jpg
この「THE WORLDS BEST」のシリーズは、全部で27種類もあり、「Boots ブーツ」等の庶民的なお店で、一個85ペンスで売られていたそうです。「世界一」の、家族のメンバーや様々な職業や趣味(ガーデナーのを持っています)を表現しており、ユーモアのあるお手頃価格なプレゼントとして、当時から人気があったようです。デザインは今見ても全然古臭くないし、案外未だ家庭で活躍している現役が多いのかも知れません。
[PR]
by derliebling | 2014-04-23 15:30 | テーブル&キッチンウェア

アルフレッド・メーキンの「ゲイ・ファンタジー」のトリオ

f0141785_1757398.jpg
もう食器は滅多なことで増やすまい…と心に誓っているのに、今まで見たことのない珍しい柄が、とても気に入って買ってしまった食器です。製造は、多分1950後半~60年代初頭。最初は北欧モノかとも思った程好みの柄ですが、イギリスのビンテージ・テーブルウェアとして割と人気の高いメーカー、「Alfred Meakin アルフレッド・メーキン」のものでした。
f0141785_17582498.jpg
もっとも、この時代のイギリス文化は、北欧デザインからもかなり影響を受けたようで(ミッドウィンターの「ロゼール」もそうらしい)、だからこそ自分は惹き付けられるのだと思います。全体的な状態は良いし、縁の金彩の剥げさえなければ、今時の製品だと信じても不思議ではないお洒落具合。と言うか、この時代のリバイバルが現在多いのだと思います。カップ&ソーサーに、お揃いのケーキ皿が付属すると「トリオ」と呼ばれ、アイテム自体はその時代らしさを物語っています。
f0141785_1758128.jpg
それぞれ地紋の異なった葉っぱ柄に、茎の長いタンポポのような花柄、点線、太陽みたいなマークが絶妙に組み合わせてあり、色合いもいかにもレトロで、本当に惚れ惚れする可愛さです。
f0141785_1759461.jpg
ケーキ皿の裏側にだけ、メーカー名と共に、デザイン名のバックプリントがありまして、このパターンは「Gay Fantasy ゲイ・ファンタジー」と言う名前だそうです。この時代、「陽気な」「快活な」「楽しい」と言う意味で、「ゲイ」と言う言葉が好んで使われたようですが、試しに今「ゲイ・ファンタジー」の単語でネットで検索すると…、そりゃ全く別なものばかりがヒットするでしょうね。
[PR]
by derliebling | 2014-04-09 15:33 | テーブル&キッチンウェア

スージー・クーパーの「アップル・ゲイ」のC&S

f0141785_242452.jpg
Rye ライのビンテージ屋の並びに、「チャリティ団体が経営するビンテージ屋」なるものが混じっていました。大抵そういう場合、他のビンテージ屋と同じ位か、それ以上の値段に設定されるのですが、ここは明らかに安めで、要は普通のチャリティショップ価格でした(元々タダの寄付品なんだし、当たり前っちゃそうなんですが)。そこで、スージー・クーパーの「Apple Gay アップル・ゲイ」のカップ&ソーサーを発見。お値段は、その店の他のビンテージ・テーブルウェアと特に変わらず、要はスッゴクお得でした。
f0141785_2423290.jpg
スージーのデザインの中でも特に愛らしいと言われるこの柄は、1964年の製品。実物を目にするのは初めてでしたが、想像していたよりもっとずっと魅力的だと分かりました。日本人にとっては、どちらかと言えば桃に見えるリンゴ柄は、ボソボソした点画で描かれ、柔らかい雰囲気を出しています。部分的な版ズレは、どうやら意図的なようですね。ハンドルは華奢で持ち易く、柄も繊細ですが、ボーン・チャイナで頑丈な上、全体的なフォルムにも安定感があります。内側の淵にも飾り罫が描かれているのが、一層魅力を高めていると思いました。大きさ的には、普通のコーヒーカップとデミタスの中間位の小ぶりなサイズ。
f0141785_2424719.jpg
スージー・クーパーのテーブルウェアは、日本では凄い値段で売られていますが、元々イギリスでは大量生産の廉価品と見なされていたそうです。しかし、当時高級とされていた、金彩満載のデコラティブでクラシックなデザインが、もはや現代人の生活にはそぐわないのに対し、返ってスージーは、今でも違和感なく馴染むデザインが多いと思います。日本人が買い占めるので、近年価値が跳ね上がりましたが、イギリスで人気が高いのは、今でもアールデコ期から1960年代前半の手彩色の花のシリーズが中心のようで、その後のスウィンギング時代のものは、案外見掛けない気がします。他の同時代の大衆派テーブルウェアのデザインに比べると、インパクトが足りなく見え、今まで余り興味がなかったのですが、実際手にとって見ると、その飽きの来ないデザインの完成度の高さや、質の良さに驚かされます。
[PR]
by derliebling | 2014-03-24 15:40 | テーブル&キッチンウェア

西ドイツのリスのフィギュリン kawaii

f0141785_565418.jpg
実はフィギュリンではなく、尻尾の先に小さな穴が三つ開いていまして、底には穴とポリの栓もあり、ソルト&ペッパーの片割れなんです。高さは約9cm。バックスタンプには「西ドイツ製」と書いてあり、それなりに古いもののようです。まるでオールド・シュタイフのぬいぐるみのように、リスらしい動作が的確で、造形がきちんとした中にも、しっかり素朴な可愛さが滲み出ています。
f0141785_571298.jpg
同じくレトロ可愛いと言っても、漫画風にデフォルメされた日本の昔のフィギュリンとは大分違います。毛皮のモフモフ具合も、陶器で結構良く表現されています。植木鉢なんかに、ちょこんと乗せたくなります。
[PR]
by derliebling | 2013-12-18 15:31 | テーブル&キッチンウェア

ロールストラントの「アニタ」のディナーセット

f0141785_802253.jpg
うちで使用している食器の中で、セットと呼べる程揃っている同柄のアイテムは、「Denby」と言うイギリスの陶器メーカーのシンプルなものと(ストーンウェアで非常に重い)、友達から結婚祝いに貰った「たち吉」の和風の皿セット、フリーマーケット等でコツコツ集めたミッドウィンターの「ロゼール」、フリマで一まとめ5ポンドで買ったホーンジーの「サフラン」の他に、スウェーデンの「Rörstrand ロールストランド」と言う老舗メーカー(現在イッタラの傘下)の「Anita アニタ」と言うシリーズがあります。ディナープレート、スープボウルが6枚ずつあるので、P太の家族全員を呼んだ時に便利です。その他、大きな変形プレートやジャグ等もセットになっており、普段一番出番が多いのは、この↑ソース・ディスペンサー。
f0141785_803971.jpg
癖のないクラシックで清楚な花柄で、日本人に馴染み易いデザインではないかと思います。それこそ、昔育ての母の家で使用していた、懐かしいノリタケの食器を彷彿とさせます。ボーンチャイナらしく、薄手で軽くても丈夫です。ロールストランドは、スウェーデンのビンテージ食器のメーカーとして人気ですが(ノーベル賞授賞式の晩餐会には、ここの食器が使われるそうです)、ネットで何度検索しても、一度も同じ柄のは見たことがありません。元々は義母が結婚する際、継母(P太の継祖母)からプレゼントされたものだったのですが、その後ずっと使用していなかったので、P太が独立する際譲り受けました。だから60年代の製品かと思っていたのですが、中古を貰ったらしく、義母に寄れば多分1950年代の食器だそうです。
f0141785_80567.jpg
中古とは言え、中々質の良い、柄も品が良い(地味と言えばそうですが)食器セットなのに、何故義母が使わなかったかと言えば、継母と折り合いが悪かったからのようです。これを持っていたのにも関わらず、義母はロゼールの食器セットを自分で買い揃えました。結局確執は継母が他界するまで続き、義母が祖国を諦めてイギリスに移住したのも、それが大きな原因だったとか。これを使う度にそれを思い出して、少し複雑な気持ちになります。でも義母は、私達がこの食器を活用しているのは嬉しいようです。
[PR]
by derliebling | 2013-11-27 15:25 | テーブル&キッチンウェア

ウェイドの小さな植木鉢

f0141785_441218.jpg
手のひらサイズの小さな植木鉢です。釉薬付陶器の、特に小さな植木鉢と言うと、底穴の無い「鉢カバー」が多いのですが、これは底にちゃんと穴があります。1950~60年代っぽいお洒落な色合いの植物柄も魅力的だけど、内側の黄色一色なのが、全体を引き締めていて利いています。外側には全体的に細かい貫入が見られますが、植木鉢だから特に使用に差し支えありません。小さな多肉植物とかが似合いそうです。
f0141785_4440100.jpg
「WADE ウェイド」と言う、イギリスの陶器メーカー(1867年創立)の製品です。同社の小さな動物のフュギュリンは、人気のコレクタブル・アイテムとなっていて、フリマでも結構高値で取引されます。しかし、ウェイドでこんな製品も出していたとは知りませんでした。会社はつい数年前に閉鎖されましたが、近年はディズニーやポケモンのフィギュリンも製造していたそうです。
[PR]
by derliebling | 2013-10-15 15:21 | インテリア・デコレーション


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル