タグ:ビンテージ・ファブリック ( 165 ) タグの人気記事

黄色いビンテージ・エプロン 2種

どちらも、フリマの同じストールで、品の良さげなおばあさんから買いました。遠目にも鮮やかな黄色が映える、1970年代辺りのビンテージらしさがいっぱいの、元気なプリント生地のハーフ・エプロンです。
f0141785_5203960.jpg
一つは、オレンジ、黄色、黄緑色でまとめた、裾の丸いエプロン。バラと言うよりは花札の牡丹のような花柄をメインに、マリー・クワント調のシンプルな花マークを組み合わせてあります。
f0141785_5211865.jpg
版ズレや滲みが激しい稚拙なプリントは、レトロ・キッチュならではの御愛嬌。生地は、ティータオル程度の中厚のコットンです。向かって左上に、白いバイヤス・テープで縁取られた小さなポケットが付いています。こちらには、タグ(レーベル)が残っていて既製品でした。昔の中国製と聞けば、この牡丹柄も納得です。
f0141785_5214621.jpg
もう一つは、フリルと紐とポケットの黄色い大胆な花柄生地はコットンですが、中央の薄いレモン色の無地はテロテロのナイロンと言う、ちょっと珍しい素材の組み合わせ。全部コットンのほうが可愛いのになとも思いますが、食器類を洗っていると、この部分が濡れることもあるので、防水エプロンは機能的なのだと思います。
f0141785_522769.jpg
たっぷりのフリルとハート型のポケットが、デザインのポイント。ビンテージ・シンディのワードローブに、確か似たようなエプロンがありました。こちらにはタグは見当たらず、もしかしたらハンドメイドかも知れません。
  
[PR]
by derliebling | 2014-07-26 15:34 | ファッション・コスメ

黒地のパンジー柄のビンテージ・サマードレス

f0141785_3441327.jpg
その日のフリマは、割と布物が「当たり」でした。まず最初に、イギリスで滅多に見掛けない古い布地(特に木綿)が、どっさり詰まったダンボール箱に出会いました。その中には端切れの他に、作り掛けのハーフ・エプロンやスカート、ヘキサゴン・パッチワーク等も詰まっていました。このサマードレスは、そんな中の一つ。ただし作り掛けではなく、どう見ても完成しているんです。だから何故このドレスが、一度も陽の目を見ず着用されることなく、端切れ布と一緒に仕舞われたままだったのか…不思議です。
f0141785_3445230.jpg
黒いコットン地に、ピンクとモーヴのピン・ストライプ、そして淡い色合いのパンジーの花が散らしてあります。パンジーは、裾部分にボーダー状に一層集中し、よく見ると懐中時計柄も混じっています。一見、今売られていても可笑しくない(「NEW LOOK」辺りで…)、特にビンテージらしくはない、割とありきたりなプリントの生地、そしてドレスの形です。しかし実際着てみると、胴の切り替えはハイウェストで、スカートのギャザーはたっぷりふんわり、裾の太目のピンクのラインがピリッと利いて、意外な程の可愛さに驚きました。
f0141785_3451523.jpg
ただし、とても大きいのです。二本の肩紐の間隔、肩紐の長さや丈は問題ないのに、身頃が私にでもブカブカに余る大きさ。腕を上げない限り、それは他人からは分からないはずですが、脇下にゴムを伸ばして縫い付けて、シャーリング風にでも改造しようかなあと思案中です。
  
[PR]
by derliebling | 2014-07-14 15:31 | ファッション・コスメ

花かご柄のクロスステッチのクロス

今年も、フリーマーケットに「売る側」として参加して来ました。勿論、いつも行くのは「買う側」としてです。フリマで不用品を処分するのは、我が家にとっては年に一度のイベントです。世の中には、プロのディーラーでもないのに、毎週フリマに娯楽で(多分)出店する家族も結構多いのですが、出店料は結構高い為、そこそこ売り上げが取れるものが集まってからでないと、私達ケチ夫婦は参加する気がしません。売りに行くのは、いつも午後から開始のフリマ。休日に朝早く起きる必要なないし(売り手の到着準備は11時位からですが)、開催時間が短くて客が集中し効率が良いので、売る側として参加するなら断然午後のフリマがお勧めです。勿論快晴の月末等、特に客足の良い日を狙います。事前予約は一切不要。始めの一時間位は、毎回二人とも食事をとるどころか、座る暇さえ一度もない忙しさです。
f0141785_3352557.jpg
嵐のようなお客ラッシュが去り、やっと一息付いて、食事を取る位は余裕が出て来ると(今回は立ったままおにぎりを頬張った)、私はP太独りを店番に置いて買い手としてフリマを回ります。不用品を処分するのは大切だし、お金が手に入るのも嬉しいのですが、やはり私にとっては、フリマは買い手としてのほうが楽しいのです。さすがに目欲しいものは出払った後で、今回手に入れたのは、このバスケットに花が詰まった柄の刺繍の古いクロスだけでした。
f0141785_3355037.jpg
一辺80cm位の正方形。縁は、藍色の刺繍糸でブランケットステッチでかがってあります。そこから15cm位の内側に、同じ藍色の糸で囲み罫が刺繍されています。その角に小さな花かご、一辺の中間に大きな花かごの刺繍が入っている構成です。
f0141785_336644.jpg
こちらは大きいほうの花かご。イギリスの刺繍らしい基本的な(言っちゃえば幼稚な)色の糸が使用されていますが、経年で色が幾分落ち着いたのと、クロスステッチの魅力で気になりません。麻地の細かい目に沿って、かなり緻密に刺されてあります。麻は、すっかり柔らかい良い風合いになっています。
f0141785_337024.jpg
これは小さい花かご。古い刺繍布の中でも、クロスステッチは特に好きです。また花かごと言うモチーフにも、永遠の愛らしさがあります。全体的に、昔らしい質素な暖かさが滲み出ている布だと思います。
  
[PR]
by derliebling | 2014-06-13 15:32 | ファブリック

青い花柄プリントのビンテージ・ベビー服

f0141785_5212961.jpg
いかにも1960年代後半~70年代らしい、レトロな花柄プリントが気に入って買いました。フリーマーケットで、古い人形の服と一緒にダンボール箱に突っ込まれていたので、これも最初はてっきり抱き人形用の服だと思いましたが、イギリスのメジャーな子供服チェーン店「Mothercare」のタグが残っていて、実際に乳児服だったことが分かりました。
f0141785_5224340.jpg
素材はコットンで、後ろはボタン留め。プリントはすっかり色褪せていますが、子供服に付き物のシミ・汚れ等はありません。またしても切り刻んで人形用の服に…と思ったのですが、襟元のシャーリングも可愛くて、そのまま残すか思案中。袖口のゴムが伸び切っている以外は、服としては一応機能できる状態です。それにしてもこの時代、こんな乳幼児服にまで、スウィンギンの風が吹いていたのですね~。
 
[PR]
by derliebling | 2014-05-27 15:20 | ファブリック

ペニー・スクエアの花刺繍テーブルクロス

f0141785_1922117.jpg
蜂蜜色ネックレスを買った同じストールで、クロシェ縁付きの白いクロスや、人形の服作りに活用できそうな昔のプリント・ハンカチと一緒に、この古い刺繍のテーブルクロスを買いました。
f0141785_19204976.jpg
サイズは一辺100cm位。全体を約20cm四方にフェザーステッチで格子状に仕切った、「penny square ペニー・スクエア」と呼ばれる、刺繍やキルトの伝統的な技法だそうです。その格子の互い違いの中心に花の刺繍を入れた、充実した構図のテーブルクロスです。実用を考えると、中心に刺繍は特に必要ないのだけど、やはり全体的に柄があって盛り沢山のほうが嬉しいものです。
f0141785_2125934.jpg
言わば、まるでハンカチを繋げたようなデザイン。あちこち染みがあり、また多くの刺繍糸はすっかり色褪せ、かなり使い込まれて長年愛用されて来たのが分かります。
f0141785_19213479.jpg
花の刺繍は、イギリスの刺繍のモチーフとして一番良く見掛ける、マルチカラーのデイジーやマーガレットっぽい花。花びらをサテンステッチだけでなく、フェザーステッチやチェーンステッチの応用?でも縫ってあり、全体的に中々凝った、丁寧で綺麗な仕上がりです。
 
[PR]
by derliebling | 2014-05-09 15:17 | ファブリック

バラと小花の刺繍のテーブル・クロス

f0141785_231440.jpg
以前地元のチャリティショップで買った、一辺1m以上ある古い刺繍のテーブル・クロスです。素材はシャリッとした麻100%のようで、洗濯後は大変早く乾きます。イギリスの刺繍を嗜む人口が絶滅寸前の為か、この手のビンテージ刺繍の布は、今時はチャリティショップでさえ結構なお値段で売られていますが(中には20ポンド以上なんて店も)、これは目立ったダメージも無く、サイズも大きめなのに、奇跡的にたった1ポンドでした。中々気に入っているデザインなのですが、こう言う白地の布で、特に刺繍の色が薄いとなると、私の腕&カメラでは本当に撮影が難しくて、その魅力をお伝えすることが出来ず、写真を見て自分でもガッカリです。
f0141785_211348.jpg
何が気に入っているかと言えば、クロスステッチで刺繍されているから。ただしそうと言うと、大抵クロスステッチだけで全体をまとめるものなのに、この布の場合、他のステッチも混ぜているところが面白いと思いました。メインのバラの花と黄色いミモザのような花はクロスステッチで、その周囲に散った紫のグラデーションの小花と葉は、レジーデイジーで表現されています。このモチーフが四隅に入っています。
f0141785_212424.jpg
更に全体的に、クロスステッチを繋げた装飾罫が格子状に入っていて、所々にバラと小花が配置されています。この罫に白とグレイの刺繍糸を使ったところが、全体の色合いを品良くシックにまとめている秘訣だと思いました。イギリスの刺繍と言うと、子供っぽい色合いのものが多いのですが、これは多分元々淡い色の刺繍だったのに加え、何度も洗濯され、一層色褪せて落ち着いた繊細な色に見えているのだと思います。
f0141785_2124945.jpg
全体の構図が特に素敵なのですが、うちには布を広げるのに相応しい、明るい場所のテーブルもなく、これを写真でお伝えするのは本当に不可能。他の場所で広げていると、邪魔しに来る小動物も居ますし…。
f0141785_2131897.jpg
やっぱり来た~! 折角洗濯したばかりだったのに、毛を沢山付け捲くっただけでなく、爪でブスブスと布に穴を開けて去って行きましたよ…(涙)。
[PR]
by derliebling | 2014-03-03 15:27 | ファブリック

少女スタイル画の昭和レトロ・ファブリック

f0141785_031297.jpg
昔、京都の天神さんの骨董市で買った、日本の古いプリント生地です。ビリジアンとも呼べる鮮やかな緑色の地に、身長3cm位の少女達のスタイル画で埋め尽くされています。彼女達のファッションから、1950~60年代前半頃の布地ではと思っています。この女の子達が、手足のスラッとした内藤ルネっぽく描かれているのが気に入りました。スタイル画の合間に散った花柄が和風で(菊の御紋みたいな花もあるし)、まるで昔の千代紙のようなデザイン。描かれた少女達の格好は洋装ながら、和の雰囲気がしっかり漂う布地です。
f0141785_032739.jpg
所々に白い仕付け糸が残っていて、もしかしたらこの生地で着物を仕立てるつもりだったのかも知れません。柄は文句無しに素敵なのですが、素材はレーヨンとかの化繊100%で、テロンとして非常にシワになり易く、扱うのにはちょっと厄介な質感です。
[PR]
by derliebling | 2014-02-19 15:21 | ファブリック

ビンテージ・シンディのドレス3種

フリーマーケットで遅く出店したストールから、コート類と一緒に購入した、昔のシンディ人形のドレスです。
f0141785_44227.jpg
ブルーのギンガムチェックと白いレースが、爽やかな印象のドレス。ボートネックは大きめに開いてオフショルダー気味。マキシ丈が時代を物語っています。ナチュラルでカジュアルな雰囲気ですが、実はこれ、結婚式のブライドメイド(花嫁付添い人)のドレスだとか。服の名前は「Beautiful Bridesmaid」で、製造販売は1976年。元は、シャワーキャップみたいな共布の被り物も付属していたようです。こんなブライドメイドが付き添うなら、きっと花嫁の衣装も、コットン製の可愛い雰囲気のウェディング・ドレスだったんでしょうねー。
f0141785_442863.jpg
「Dinner Date(1979年)」と言う名前の、ノスタルジックな花柄コットン生地の、やはり丈の長いカントリー調のドレス。昔のローラ・アシュレイ風と言ったところかな。身頃がかなりタイトに作られています。背面のスナップの数は三箇所と、シンディの服としては破格の大判振る舞い(笑)。スナップが一対しかなくて、背中がびんぼっちゃまみたいにパカ~と開く服が多いのです。
f0141785_444871.jpg
これのみ、フリーマーケットではなく、別な日に地元チャリティショップで買いました。更にビンテージ・シンディの専用の服ではなく、「フェアリー・グレン」のドレスです。機械縫製なのに、何故ェ?と思える程でっかい縫い目で縫ってあります(しかも何故生地と似た色の糸にしないんだ)。購入した時は、80年代のガングロ・バービーが着ていて、悲しい程似合っておらず、ドレス自体も、フェアリー・グレンお得意のテロテロの化繊生地で、余り可愛く見えなったのですが、…あれ? シンディが着ると、なんか可愛いじゃないか。
[PR]
by derliebling | 2014-02-07 15:21 | おもちゃ・人形

クリノリン刺繍のテーブルクロス

f0141785_393016.jpg
クリスマスに友達に贈った、イギリス独特の刺繍モチーフ「クリノリン」の、ビンテージのテーブルクロスです。その名の通り、ヴィクトリア時代前期に貴婦人の間で流行した、「crinoline クリノリン」と呼ばれる大きくスカートが膨らんだドレス(こんなにボコボコはしていませんが)を着た女性を、モチーフとしています。一辺1m位ある、結構大きなサイズのテーブルクロス。友達は勿体なくてしばらく使えないと言っていましたが、こたつの上掛けなんかにもなりそうですね。同じ柄が、微妙に色違いで四隅に刺繍されています。
f0141785_392036.jpg
ほとんどサテン・ステッチとアウトライン・ステッチで仕上げてあり、刺繍のテクニックは単純ですが、全体的にきっちり丁寧にステッチされています。少しくすんだリネン地には、特に白いツヤのある刺繍糸が映えます。カラフルでも、経年で色味の落ち着いた花々には、心が和みます。
f0141785_310941.jpg
ところで、見た目は優雅なクリノリン・ドレスですが、スカートの下には巨大な鐘状の枠を入れ、余りに幅が広かった為、転倒や火災等の事故を起こし易く、実は年間3000人の女性が、この服が原因で亡くなっていたとか! とんだ殺人ドレスです。それ以前の時代からも、コルセットを含め、寿命を縮めるような狂気の衣装は多く存在し、かつてはファッションは正に命掛けだったのです(笑)。
[PR]
by derliebling | 2014-02-01 15:24 | ファブリック

スウェーデンのクリスマス・クロス類

実は、地元郊外の大型フリーマーケットの、今年の初日(4月)に出会った収穫で、自分的にはその会の一番の掘り出し物でした。しかしクリスマスのアイテムは、やはりクリスマスに御紹介してこそ雰囲気が伝わる…と思い、今やっとその時期が来ました。全て、同じダンボール箱に突っ込まれていました。発見してすぐに、むむっ、これは北欧、その中でもスウェーデンのビンテージ布に違いないと思いました。
f0141785_0244875.jpg
あー…、この絵のしみじみ可愛いこと。これぞ北欧のクリスマスと言う雰囲気です。絶対イギリスのデザインではないと、一目で分かりました(笑)。100×20cm位の縦長で、テーブルセンターではなく、きっと壁に掛けて飾る為のタペストリー的な布かな。粗い麻布で出来ています。この麻は、北欧では育たないと思うのですが、お隣のフィンランドでも、麻の織物が盛んなようです。

f0141785_0255998.jpgf0141785_0262578.jpg
クリスマスの小人である「ユール・トムテ」が、スキー、ソリ、スケート、雪だるま、ツリーの飾り付けを楽しみ、冬を満喫しています。子供トムテもオヤジ・トムテも、一緒くたの表現(笑)。
f0141785_0272100.jpg
一方こちらは、正直言って可愛くないオヤジ・ユール・トムテなんですが、赤い鼻やチョッキのボタンやチェーン等、立体化しているのが面白いと思いました。変なポーズで決めているつもりです。服や木靴は、何気にスウェーデン色。ズボンに突っ込まれたハンカチはペーズリー柄です。これは明らかにタペストリーで、上下に木製のバーと、天辺に引っ掛ける為の金属の輪っかが付いています。やはり麻布製。
f0141785_0275639.jpg
赤地が鮮やかなこの布には、「東方の三博士の来訪」が描かれています。極めて宗教的な厳かな場面も、北欧ビンテージではこんな素朴な表現になります。一辺1m位の正方形で、テーブル・クロスだと思いますが、麻布の中でも一際ゴワッと厚手&粗めで、テーブルウェアを置くのが安定悪そう…。四辺とも同じ柄です。私は、ツリーの下に敷く布として使おうと思っています。
f0141785_0292637.jpg
これらの布が北欧製だと確信したのは、この布にスウェーデン語の「GOD JUL=メリー・クリスマス」が書かれていたから。他の布は、麻製と言ってもザラザラした「黄麻(ジュート)」ですが、これのみはサラリとした薄手の「亜麻(リネン)」製です。優しい風合いも中間色の色合いも、イラストも愛らしい~。
f0141785_0294862.jpg
特に、中央の天使とバンビの柄には萌えます(笑)
f0141785_037128.jpg
こちらは唯一コットン製。かなり大きい布なので、最初はテーブル・クロスかと思いきや、広げてみたら実はかなり横長で、どうやら(カフェ)カーテンのようです。クリスマス用に、カーテンまで換えちゃう熱の入れようか~。確かにこれを窓辺に掛けると、気分が一層盛り上がりそうですね。
f0141785_2142177.jpg
ハート型リースの、ラブリーなモチーフ。フィンランド教会のクリスマス・バザーでも御馴染みの、北欧のクリスマスには欠かせないらしいアイテム、藁製の山羊や藁製のオーナメントが描かれています。赤い実は、やはり北欧の食卓に欠かせない(特に肉料理)リンゴン・ベリーなのかなあ。
[PR]
by derliebling | 2013-12-02 15:20 | ファブリック


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル