タグ:ハンガリー ( 98 ) タグの人気記事

ハンガリーのトールペイントの絵皿 kawaii

f0141785_2434653.jpg
中古の外国のスーベニールは、フリマでは狙い目です。これは日本でも同じ。価値を良く分からないで売っていることが多く、まして人から貰ったものであれば、好みに合わず愛着がまるでない場合も多いので、捨てるような値段で売られているを良く見掛けます。とは言え実は、特に昔のものは、手の込んだ工芸品だったりします。ハンガリーらしいパターンの絵皿は、本国でも御馴染みのアイテムですが、これはプリントではなく手描きなところに注目。直径20cm程度の陶器の皿に、下地の黒を塗ってから、手彩色したものです。縁には白でレースっぽい模様、中心にはマチョー地方の刺繍のようなパターンが描かれています。裏面には壁に掛ける為の紐が括り付けてあり、全体的に手作り感が溢れます。古いものかどうかは分かりませんが、裏面の紐と貼られたままの値札は、相当年月が経っているように見えます。値札には650(フォリント)と書かれてあり、インフレの激しい通貨なので、当時日本円や英ポンドでどれ位の価値があったのかは検討付きません。
f0141785_2441658.jpg
絵具は、多分ツヤ有りのエナメル。近付いて見ると、少し盛り上がっているのが分かります。華やかで可愛いことは可愛いけれど、黒地に原色の乱舞ようなハンガリーらしい文様が盛り沢山で、これでもか~!と言う位(笑)力強く民俗性を押し出しています。
f0141785_2443511.jpg
ところでこういった絵皿、つい外国人向けのお土産専門かと思ってしまい勝ちなんですが、自国民にもしっかり愛されて需要があるんです。何度かハンガリー人の一般家庭を拝見する機会があったのですが、その幾つかのダイニングは、赤とウッド・カラーを基調とした「ハンガリアン・カントリー」でまとめられ、壁にはこんな民芸調の絵皿を沢山飾っていて、そりゃもう歓声を上げたくなるような可愛いさでした。
  
[PR]
by derliebling | 2014-06-25 15:31 | テーブル&キッチンウェア

ハンガリー製ウクライナの子守唄集

f0141785_535511.jpg
地元のフリーマーケットのとある一般人のストールで、古い楽譜類が詰まったダンボール箱を「何か匂うぞ…(犬か。笑)」と思ってゴソゴソやったら、こんな魅力的な古本が出て来ました。ハンガリー語の本なので、もしかしてハンガリーからの移民の人のストールかな?と思い、他にもハンガリーの製品があるかどうか探しましたが、結局これだけでした。そして、この本に記入してある元持ち主の名前も、典型的なイギリス名。しかし、その元持ち主のおばーちゃん辺りが、実はハンガリー人…とかの可能性は、まだまだあり得ます。単なる観光旅行のお土産として子供に与える品とは、到底思えないからです。
f0141785_5352936.jpg
サイズはA5位で、40ページ程度の小冊子。40曲の楽譜が掲載されています。ハンガリーで1974年に発行された本ですが、内容は「ウクライナの子守唄集」だそうです。表紙は、布目のようなシボのある用紙に、イラストが臙脂と黄色二色で印刷されています。版ズレも、まるで効果をわざと狙ったかのような味に。
f0141785_536627.jpg
中面はスミ一色ですが、どれもとても可愛いイラストばかり。
f0141785_5363414.jpg
ウクライナと言うことで、プラトークを被ったマトリョーシカのような衣装の女性が多く登場します。でもこの周囲の花模様は、ハンガリー刺繍の柄みたい。
f0141785_5394937.jpg
猫の登場回数も、結構多し。これは、ウクライナの典型的な娘さんの祭りの衣装のようです。
f0141785_537755.jpg
タイトルの「BÖLCSŐDALOK」は、直訳すると「揺りかごの歌」なので、一応子守唄集としています。
f0141785_5375894.jpg
ウクライナは、ハンガリーと少しだけ国境を供するお隣の国だし(今大変なことになっていますが…)、多分この時代は、共産圏同士の文化交流は、大いに推奨されたのだと想像しています。
f0141785_538166.jpg
この楽器は、バラライカかな?
f0141785_5384557.jpg
小さなカットまで、本当に魅力的。こんな可愛い文様、良く思い付くな~と感心します。やはり刺繍の伝統からなのか?? イラストレーターは、「RAB ZSUZSA(ハンガリーなので苗字が先)」と言う女性のようです。
[PR]
by derliebling | 2014-05-29 15:32 | 本・メディア

ハンガリーの木製民族衣装人形のマグネット

f0141785_5354538.jpg
以前、友達から貰ったハンガリーのお土産です。こういった民族衣装の木製人形は、ハンガリー土産の代表的なものの一つで、確か小物入れとかワインのコルク仕様にもなって売られています。しかし在り来たりなお土産物と言っても、一点一点トールペイントの手作り品です。高さは女性のほうで約7cmで、顔はへなちょこりんですが(笑)、大きさの割に衣装の柄は、グラデーションも利いて凝っています。マグネットと言うアイテムもまた、世界共通のスーベニールの筆頭です。他人から貰う機会も結構ありますが、冷蔵庫にベタベタ張るのは余り好きではありません(風水にも良くないそうです)。それで、居間のエセ暖炉の両端に対称に貼り付けています。この方が、冷蔵庫にごちゃごちゃ張るよりも、他の多くのマスプロダクトのマグネットと一緒くたにならず、このマグネット人形の魅力が映えると思っています。大抵男女一組になっているところは、日本の昔のお土産こけしや、多くの世界中の民族衣装人形との共通点です。
  
[PR]
by derliebling | 2014-05-01 15:30 | おもちゃ・人形

ハンガリーのトールペイントのテーブルウェア

f0141785_3582229.jpg
ハンガリーは、刺繍だけでなく、トールペイントも盛んで、お土産物としても良く見掛けます。典型的な土産物と言えど、当然一点一点手描きの手作り品。やはり、何かと手仕事を重んじる国なのです。これらの木製品に施されたトールペイントのテーブルウェアは、何回かハンガリーを訪れているうちに買ったもの。実際生活に生かそうと思って購入したはずなのですが、残念ながら結局使っていません(涙)。
f0141785_3581554.jpg
可愛い花柄のペッパーミルですが、胡椒の粒を詰めるのが結構面倒臭い仕組みで、おまけに容量がかなり少なく、すぐに使い切ってしま所が難点でした。何せ胡椒大好き夫婦だから、現在我が家のキッチンで使っているのは、イタリアン・レストランで見掛けるような巨大なミルです。
f0141785_359389.jpg
これは…、もしかしたら本当はエッグスタンドなのかなあ? 事実は不明。三つの窪みの付いた円が、連なった形式です。真ん中の摘みにも中心に窪みが付けてあり、爪楊枝を立てられそうでした。私は、卓上のソルト&ペッパー(+何か)にしようと思い購入しました。ハンガリーなら、塩&胡椒&パプリカ・パウダーが、卓上調味料三点セットです。しかし、三つの窪みに丁度合う大きさのディスペンサーを見付けられず、機能的にはフェリシモのおまけの卵ちゃんS&Pが優秀で手放せず、結局お蔵入り。
f0141785_359126.jpg
こちらは、コーヒーのペーパーフィルター・スタンド。結構珍しいアイテムだし、卓上に置いておくのにお洒落だと思いましたが、よくよく考えると、コーヒーってダイニング・テーブルではなく、基本的にキッチンで淹れるものですよね。このスタンドに立て掛けた状態で、キッチンで出しっ放しにして置くと、湯気でフィルターがしわしわ、または油でベトベトになってしまう可能性大です。おまけに、私は一日一回しかコーヒーは飲まないので、ペーパーフィルターの減りが遅いのです。で、メモ・スタンドとして活躍して貰っています。

こうやって改めて眺めていても、やはりフォークロアな魅力がいっぱいで可愛いし、造り自体は頑丈なので、例え本来の目的とは違っても、何か生活に生かしたいと思います。
[PR]
by derliebling | 2014-04-01 15:36 | テーブル&キッチンウェア

カロチャ刺繍柄のノート

f0141785_736956.jpg
ハンガリーの友達から貰ったものです。右の小さいほうはダイアリー、または年間スケジュール帳で、一昨年のクリスマスに貰ったもの。私は、毎日食べた夕食の内容を記録していました。左のB6サイズ程度の大きいほうは、今年の誕生日に貰ったもの。やはりスケジュール帳ですが、更に一日を30分毎に区切った予定表にしてあります。表紙のマジャール(ハンガリー)語は、「制限時間日記」と言った意味のようです。うーむ、そんなきっちり時間に追いやられる生活は、どう考えてもしておらんな(笑)。日付は自分で選んで書き込むシステムなので、旅行とかにだったら役に立ちそうです。
f0141785_7362780.jpg
どちらも、ハンガリー土産を代表するカロチャ地方の刺繍のデザインが、表紙に印刷されています。でも中身もマジャール語表記で(小さいダイアリーのほうには、ハンガリー特有の「名前の日」も記してある)、特に外国人向けスーベニールと言う訳ではなく、あくまでハンガリー人用に作られているようです。刺繍って、本当に今でもハンガリー人に愛されているんだなあと、つくづく思います。
 
[PR]
by derliebling | 2014-03-23 16:29 | ステーショナリー・グラフィック

人形用ハンガリーの民族衣装 3

f0141785_2191618.jpg
バービー人形等1/6ファッション・ドール用の民族衣装の雛形は、世界各地で、主にお土産として時折見掛けますが、女子用の衣装がほとんどで、男子用と言うのは滅多に存在しないと思います。これはその珍しい、ハンガリーの男性用の民族衣装。しかし実はこれ、人形の服ではなく、元は「ボトルカバー」と言うアイテムだったのです。「ボトルカバー」とは、今でもハンガリーの土産物屋で時折見掛ける、お酒のビンに被せて置く為の装飾品。何故わざわざ酒瓶に飾りを??と思われるかも知れませんが、何でも出来るだけ刺繍で装飾するのは、どうやらハンガリーの伝統のようです(笑)。
f0141785_2181158.jpg
でも、人形に着せても可笑しくないかなと思いました。恐らくマチョー地方の、牧畜の衣装ではと思います。帽子のサイズはさすがに合っていませんが、肩幅は元々こんなやたら広いコートなんです。地は分厚い、多分本物の羊毛のフェルト。ミニチュアながら凝った造りで、勿論総手作業です。男性用とは言え、カラフルな刺繍がふんだんに施されて、なんて華やかなんでしょう。ハンガリー人の、民族衣装に対する誇りや、伝統工芸への熱意が感じられます。中のハンガリーの衣装は、以前御紹介したままのもの
f0141785_219150.jpg
刺繍は背面も、そして袖にまで付いています。結構色褪せて、良い具合にビンテージらしく育っています。
f0141785_2195892.jpg
ルカーチ・カトーの絵本のイラストにも、良く似た衣装が登場します。
[PR]
by derliebling | 2014-01-31 15:14 | おもちゃ・人形

ハンガリーのカロチャ柄ボールペン

f0141785_2295099.jpg
ハンガリーの友達から貰った、これぞハンガリー!と主張しているようなボールペンです。本体には、ハンガリー土産を代表するカロチャ地方の刺繍柄、パッケージにもカロチャ柄、更にハンガリー国旗色が印刷されています(注:背景のドイリーはマチョー刺繍ですが)。
f0141785_2302446.jpg
パッケージの裏には、「ボールペンはハンガリーの発明品」とデッカク書いてあり、ウィキって見たら本当でした。ボールペンは、1940年にユダヤ系ハンガリー人のビーロー・ラースローに寄って完成・確立したのだそうです。かの有名なルービック・キューブもハンガリー人の発明だし、ハンガリーには優秀な人物が結構多いようです。インクは青で、肝心のペンの書き味は、欧米モノにしては良さそうです。
[PR]
by derliebling | 2014-01-12 15:29 | ステーショナリー・グラフィック

ハンガリーの童話の切手のFDC

f0141785_1433778.jpg
1987年発行の、代表的な童話を描いたハンガリーの切手の初日カバー(FDC)です。二枚とも、封筒のイラストも消印も同じデザインで、同シリーズの切手のようです。
f0141785_1442142.jpg
左から「ウサギと亀」「鉛の兵隊」だと思います。正直言って、切手のイラスト自体も消印も、欧米のバタ臭いアニメーションの絵柄のようで可愛くなく、ハンガリーの絵本らしい魅力は全くありません(笑)。
f0141785_1432258.jpg
でも、この中央の「鶴の恩返し」らしきイラストは、奇跡的にちゃんと日本しているところが、特筆すべき点だと思いました。ハンガリーでも知られている物語なのかな?? 左は「狐と烏」、右は「みにくいアヒルの子」。
f0141785_144729.jpg
返って封筒のイラストのほうが、切手の図柄よりも余程マシだと思いました。内容は言わずと知れた「カエルの王子」で、王女の未だ幼い少女っぽいところが結構愛らしいと思います。
[PR]
by derliebling | 2013-11-20 15:35 | ステーショナリー・グラフィック

タイルのデコパージュ

ハンガリーの友人が、最近キッチンをリフォームした際、タイルに自分で食事用のナプキンを貼って装飾したそうです。デコパージュに、ナプキンの柄を利用することがあると言うのを聞いたことがあったので、多分それだなと思い、写真を見せてとお願いしました。そして彼女から送られて来た写真は…、
f0141785_6495219.jpg
何と寿司柄のタイルでした! キッチン用のタイル&ナプキンの柄利用と聞いて、てっきり花柄や、鍋や食器等のキッチン柄とかを想像していたので、結構衝撃的でした。日本&和食大好きの友人なのですが、幾ら和食好きでも、これは日本人には出来ない発想ですね~。
f0141785_6544426.jpg
そもそも、こんな柄のナプキンが、現在ハンガリーでも売られていると言うのが驚きです。イギリスなら、今やスーパーマーケットやコンビにでも、寿司そのものは売られているんですけど、寿司柄のナプキンと言うのは、イギリスでは未だ見たことがありません。
[PR]
by derliebling | 2013-11-09 15:49 | インテリア・デコレーション

ハンガリー刺繍の靴

f0141785_3383378.jpg
フリーマーケットで出会った、凝った刺繍がビッシリ付いた革製のミュールです。う~ん、どう見てもハンガリーの手刺繍で、しかも民族衣装に合わせる靴だなと思いました。ハンガリー本国でも、こんな刺繍の靴がお土産用として売られているなんて見掛けたことがなく、一体どうやって手に入れたんだろうと思いました。そのストールでは、他にハンガリーのものが売られていた訳ではないし、売り手もハンガリー人には見えませんでした。本当に、全身を本格的に民族衣装で揃える人だけの為の靴だと思います。この人形も似たようなミュール・タイプの靴を履いていて、多分カロチャ地方のものです。
f0141785_3391313.jpg
底は革張りになっていて、3cm程ヒールがあります。古めかしく色褪せてはいますが、特に傷みはありません。あえてジーンズなど普通の格好に合わせたら、それなりに使えると思います。刺繍が華やかだし、靴が赤いってだけで気持ちが明るくなりそうです。ソックスを履くと、私には丁度良い大きさなのですが、甲が浅めなこともあり、そうすると結構ツルツル滑って歩きにくそう…。室内で、スリッパ代わりに使うかも知れません。
[PR]
by derliebling | 2013-10-10 15:33 | バッグ・靴・帽子


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル