キャス・キッドソンのティーカップ柄ブラウス

f0141785_313356.jpg
このブラウス、発売当初から欲しいと思っていたのですが、何故か買いに行く機会がなく、そのうちついにセールとなり、それは値が下がる訳だから結構なんですけど、オンライン・ショップではあっと言う間に売り切れてしまいました。ところがブライトン支店に行ったら、未だ若干残っていたのです。秋向け新作にも惹かれましたが、そちらは当分待っていてくれるはずなので、今回は迷わずこれを買いました。今年のイギリスの夏は真っ当そうだから(いつもそうとは限らない)、まだまだ着る機会はあります。
f0141785_313243.jpg
紺地にオフホワイト一色でカップ&ソーサー、ティーポット、マグが描かれた、キャスとして割と地味目な柄ながら、丸襟の縁にはループ状のスカラップ・レースが付いている甘いディテールが。デニムのミニスカに合わせた(勿論下にはレギンスを履きますよ…)かっちりカジュアルな服装にも似合いますし、ふんわり白スカートを合わせてガーリーにも着こなせます。紺は万能色で、余り組み合わせる色を選びません。素材は、とろんとしてストレッチの利いたヴィスコス(レーヨン)で、シワにならず旅行にも便利そう。
f0141785_3134937.jpg
このティーカップ&ティーポット柄と言うのは、イギリスでは割と定番の、言わばイギリスならではのパターンで、紺やロイヤル・ブルーなど、青系をベースにしていることが多いと思います。私は昔から好きです。
[PR]
# by derliebling | 2014-07-22 15:31 | ファッション・コスメ

今夜はイェーガー・シュニッツェル

日本ではトンカツなんて滅多に食べたいとは思わない私ですが、こちらでは時々シュニッツェルが食べたくなります。シュニッツェルとは、ドイツ語圏や中欧一帯で食べられる(ルーツはイタリアらしい)カツレツと言えばそうだけど、やはり日本のカツレツとは大分違います。まず肉をこれでもかっと言う程薄く叩いて伸ばすので、必ず失敗なく肉がとても柔らかく、どちらかと言うと普段は肉は余り気が進まない私でもまるで平気。そして、細かいサラサラのパン粉を使って揚げ焼きにする為、日本のカツレツ程油っこくはなく、カリッと軽めに仕上がります。普通の揚げ物に比べたら、油の処理がちょっと楽なのも、家庭で作って嬉しいところ。
f0141785_15533721.jpg
いつもは、揚げ立てにシンプルにレモン汁のみを掛ける「ヴィーナー・シュニッツェル」にしますが、今回は「イェーガー!(歌うな)シュニッツェル」にしてみました。「Jäger イェーガー」とはドイツ語で猟師、狩人と言う意味で、ここではキノコのクリーム・ソースを掛けたシュニッツェルを差します。家や店によって様々なレシピがあるようですが、はたして肉の揚げ物にクリーム・ソースって合うのか??と考え、私は小麦粉等でとろみをつけない、できるだけあっさり目のソースにしてみました。ほとんどマッシュルームに豆乳クリーム(&塩コショウ)を加えて、煮立てただけです。肉には下味がしっかり目に付けてあるから、ソースの塩分は控え目。…結果、これはイケる! 揚げ物にクリーム・ソースでも、全くクドくなく仕上がりました。付け合せは、イギリスっぽく茹で芋、茹でブロッコリー、ニンジン、グリーンピースにしましたが、本当は芋(茹でても揚げてもサラダでも)+酸っぱ目のピクルス系のほうが、ドイツっぽくて尚良しと思います。
肉は、本当は仔牛が基本で、チキンでも美味しく出来ますが、うちではいつも脂肪分の少ないポーク・メダリオンを使っています。肉を叩き始めると、まるでDIYのようなうるささになるので(毎回P太に「一体何が始まったの?」と言われる)、集合住宅にお住まいの方は要注意。日本の粗いパン粉しか手に入らない方は、プロセッサーで細かく砕く、またはすり鉢ですり潰すと、シュニッツェルらしい衣に仕上がるようです。
[PR]
# by derliebling | 2014-07-21 15:24 | 食べ物・飲み物

トプシィ&ティムの絵本(引越し編)

f0141785_19133520.jpg
フリマで、お気に入りの「トプシィ&ティム」シリーズの絵本を、6冊まとめて手に入れました。ただし今回は、B6位のもっと小さなサイズです。その中でもこれは、二人の引越しの様子を描いたお話。発行は1979年。
f0141785_1914417.jpg
双子のきょうだいトプシィ&ティムの両親は、家の前の道路の交通量が多過ぎてうるさく危険な為、この度住み替えを決意しました。イギリス人は、人生で平均10回は引越しするそうです。日本人も、賃貸中心に住んでいる場合、それ位の回数は引越しを経験するんじゃないかと思いますが、イギリスの不動産システムは独特で、例え持ち家でも約10年以内毎に引越す人が多いんだとか。
f0141785_19142574.jpg
ママは食器をお片付け。水色のカップボードに、ピンクの柄のテーブルウェアが可愛いイラストです。中段の茶色いティーポットは、本当にイギリスで良く見掛ける御馴染みのタイプです。
f0141785_19144787.jpg
引越し業者のおじさん達がやって来て、荷物をトラックに運び入れます。トプシィ&ティム一家が今まで住んでいた家は、ヴィクトリア時代の可愛い建物だったようです。一軒家(実はイギリスでは割と少ない)でかなり大きく見えるので、もしかしたら中を何軒か分に仕切ったアパートだったのかも知れません。
f0141785_19152318.jpg
荷物を積み終え走り出したトラックに続き、トプシィ一家も新しい家に向かいます。ところが愛猫のキティは、車の中でパニックになってしまいました。抱っこして落ち着かせようとティムが猫バスケットを開けたところ(子供の浅知恵)、キティは車窓から逃げ出してしまいました。
f0141785_19154771.jpg
急遽車を止めて皆で必死にキティ探しますが、何処にも見付かりません。引越しの際、猫が大きな音や大勢の知らない人にビビッて逃げ出し、そのまま行方知らず…と言う悲しい話は良く聞きます。なので、私達も引越しの際は再三注意を払って、予め愛猫たまちゃんを義両親の家に預けていました。
f0141785_19163989.jpg
新居に着いて荷物を運び入れる作業が一段落しても、キティがいないのでみんなションボリ。新しいお隣さんが、お茶とお菓子を差し入れしてくれましたが(昔の英国人は粋なことをしたものですね)、パパは「そうだ、良いことを思い付いた!」と言って、突然車で何処かへ出掛けて行ってしまいました。「未だやるべきことが山のようにあるのに…」と、ママは嬉しくありません。
f0141785_19171717.jpg
しばらくすると、何とパパは無事キティを連れて帰って来ました。「やっぱり思った通り、キティは前の家に戻っていたよ」とパパ。途端に、皆に笑顔が戻りました。ただし運転中、パパがどうやって車中でキティを大人しくさせていたのかはナゾ(笑)。とにかく、引越し先が旧居から割と近くてラッキーでした。5km以内が、イギリス人の一般的な一回に付きの転居の距離だそうです。
f0141785_19173915.jpg
その後ママは、キティの四肢に美味しいバターを塗ってあげました。キティは、猫ベッドの中でしばらくそれをペロペロ舐めるのに夢中です。こ、これは、もしかして猫を落ち着かせる丸秘テクニックなのか??
f0141785_1918497.jpg
やっぱりこのシリーズ、絵もお話も、イギリスの昔絵本としては破格に可愛いなあ。子供の絵本ながら、ちょっと昔のイギリスの文化もあちこち垣間見れる、興味深い内容です。残りの5冊も、後日御紹介します。
[PR]
# by derliebling | 2014-07-20 15:36 | 本・メディア

花柄ユニオンジャックのエコバッグ

f0141785_0414323.jpg
日本の友達宛に誕生日プレゼントを郵送する際、割れ物だったので梱包材代わりに使った、衣料量販店で買った布製のエコバッグです。この店では、他にも沢山のエコバッグを販売しているのですが、その中でもこれは一番可愛いと思いました。ユニオンジャック柄のエコバッグは、他のメーカーからも色々出ていますが、これは、キャス・キッドソンを意識したのに違いない、フラワー・パターン等の柄物でユニオンジャックを処理した、特にラブリーなデザインです。素材は、キャンバスとシーチングの中間位の厚さの綿生地。マチはたっぷりあり、ハンドルも長めなので結構機能的です。結局、痕から自分用にも買いました(笑)。
f0141785_17241972.jpg
それにしてもこういう国旗柄グッズ、別に外国人のお土産用としてではなく、普通にイギリス人が使用する為に販売されているんですよ。オリンピックやジュビリー、サッカーW杯等が開催され、パトリオティズムが盛り上がる折には特に沢山出ますが、結局いつでも売られています。でもここ数年は、更に多くなって来ているようです。手軽なお土産にもなることは確かなので、イギリス旅行の際には是非覗いて見て下さい。
[PR]
# by derliebling | 2014-07-19 15:22 | バッグ・靴・帽子

これがブライトン・スタイル! 2

f0141785_18574160.jpg
でもやっぱり、お洒落なものだけじゃなく、個性的過ぎてな商品が多いのもブライトンです。
f0141785_18501946.jpg
ここは例の、毎回度肝を抜く奇抜なデザインの靴屋さん
f0141785_18534793.jpg
今回も厭きさせません! ほんと、kinkyですよね。
f0141785_18504557.jpg
バーゲンでかなり安くなっていますが、…履きたかねーよ。
f0141785_18512035.jpg
靴の機能性と装飾性と言うのは、共存できないものなのか??
f0141785_18515052.jpg
形は珍しく極シンプルなフラット・シューズだけど、こんな派手な柄のチョイスはない。
f0141785_18541041.jpg
スニーカーも、この店のデザインに掛かるとこの通り…。(BGM: 「ギンギラギンにさりげなく」&「スニーカーぶる~す」by近藤マッチ)
f0141785_18542940.jpg
ロンドンに出現した調査兵団が下げていたのは、この手のバッグでした。前回とも違う柄で、未だイギリスでは円盤も発売されていないはずなのに、そんなに人気なのか…。偽ジブリ・グッズも、とうとうフリマでも見掛けるようになって来た(笑)。二体のマネキンの着ている衣装も凄まじいでしょ。
f0141785_18545214.jpg
同じ店で、巨大ピカチュウの干物…じゃなくてロンパースです。こんなのを着た人に街で出会ったら、即ケーサツに連絡して下さい。
f0141785_18552079.jpg
あくまでオタク屋ではなく、普通のTシャツ屋にもガンダム柄進出。何が「世界を変革する」なんだろう。そして「ガンダムマイスタ」とは一体。「マイスター(=マスター)」のこと? それとも「「マイ・スタイル」の略?
f0141785_18554285.jpg
二枚とも、P太が欲しがっていたTシャツ。
f0141785_1859467.jpg
オーマイガッ。こんなふざけたジーザスを崇める人は、それ程信仰心が強いのか、はたまた不敬者とは言われないのか疑問なところです。後ろには、巨大ビニール製ダーレクが。
f0141785_1856511.jpg
街行く人にも個性的なファッションの人がとても多く、本当は彼らを眺めたほうが、お店のディスプレイより更に面白いかも知れないブラトンです。
[PR]
# by derliebling | 2014-07-18 15:38 | 旅行・お散歩


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル