<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

シトラス・カラーのラインストーンのブローチ kawaii

f0141785_2582556.jpg
フリマで見て、ちょっと変わったデザインが気になって買った古いブローチです。レモン・イエローとブリリアント・イエロー、またはトパーズ色とでも言うような、柑橘系を髣髴とさせる爽やかな色合いのラインストーンが使用されています。でも一番気になるのは、地金の形態と石の並び方。全体的にはほぼ楕円のフォルムに、ツイスト状と言うのか、それとも渦巻き貝風とでも呼ぶべきか…、ご覧の通りです(笑)。
f0141785_257412.jpg
縦3×横5cm位。少し不思議な位置にピンが付いています。ビンテージ・ジュエリーって、本当に色んなデザインが存在したんだなあと、しみじみ思いました。本当に、どんな女性がどんな服装に合わせて、どんな風に身に着けたのだろう?と、想像を巡らせています。ラインストーンの輝きは、今尚とても綺麗です。そのせいで、特にメリハリとポイントはないデザインなものの、中々存在感のあるブローチに見えます。
 
[PR]
by derliebling | 2014-07-31 15:37 | アクセサリー

赤毛のアンの親友、ダイアナ人形

f0141785_0503472.jpg
…と言うのは真っ赤なウソでして、赤毛のアンもどき(実は人魚姫アリエル)人形同様に、元は一昔前のディズニー・プリンセス人形の白雪姫でした。丁度黒髪で黒い目で、アンの親友のダイアナには持って来いだと思いました。ただ着せるドレスは、質素なアンとは対照的に、もう少し愛らしく、ふんわりした女の子らしいイメージで仕上げようと思いました。私の持つ、ダイアナの服装のイメージ・カラーはピンク。
f0141785_05059100.jpg
エプロンを外すと、こんなシンプルなドレスになっています。一応、下にはペチコートも履かせました。
f0141785_0512036.jpg
アンと一緒に並べた時、これでもし片方はジェニーかバービー人形だったら、どう考えてもチグハグですが、どちらも同じ時代のディズニー人形だから、一応違和感がないことを祈ります。体型は一緒ですけど、アリエルより白雪姫のほうが丸顔なので、やせっぽっちのアンに対して、幾分ダイアナらしくふっくら見えるかなあ。
f0141785_0514179.jpg
それにしても、この白雪姫さん、何故こんなに和顔?? ディズニー映画の白雪姫そのものは、東洋人っぽくなんて全く描かれていませんし、現在の白雪姫人形も、こんなモンゴロイドっぽい顔はしておりません。余りに着物が似合うし、もしかして実はムーラン人形かも?と疑ってしまいました。
[PR]
by derliebling | 2014-07-30 15:33 | おもちゃ・人形

サセックスのラベンダー畑

f0141785_1858564.jpg
日本に住んでいると、毎年桜の花見が欠かせないように、イギリスに住んでいると、毎年この時期ラベンダー畑を見に行きたくなるのですが、今年は結局再びLordington ローディントンに行くことにしました。ここはうちからかなり遠いし、毎年7月初旬の5日間しか一般公開されておらず、年に寄っては未だ見頃ではなかったり、唯一訪ねることが出来る週末が天気に恵まれなかったりもするのですが、今年はラベンダーの開花も順調で、お天気も上々だったものですから。それに、どんなに行くのに便利な場所でも、人がゴチャゴチャいっぱいの、特に外国からの観光客で溢れるラベンダー畑ではなあ…と、昨年つくづく思ったのです。
f0141785_18593754.jpg
場所は、サウスダウンズ国立公園内の、町から離れた丘陵地帯の中にポツンとあり、ウェスト・サセックス州で最大のラベンダー畑と言われています。2年ぶりにやって来ましたが、あー、やっぱりここの雰囲気が一番!と思いました。入場は有料で、むやみに訪問者数を増やさないからこそ(これでもいつもより多いが)、牧歌的な美しい景観が保たれ、リラクゼーションに有効なのだと痛感します。
f0141785_191586.jpg
この光景を見ただけで、反射的に濃厚なラベンダーの香りが頭の中に蘇ります。
f0141785_1935396.jpg
ラベンダー畑の合間を自由に歩けるのも、ここの魅力。勿論ラベンダー自体も美しいのだけど、周囲の丘並みや麦畑とのコントラストも美しい。
f0141785_1943876.jpg
ここのラベンダー畑は、単に観光観賞用に植えられているのではなく、この後刈り取ってラベンダー製品に加工する為です。夏でも冷涼な気候な上、チョーク質のアルカリ土壌で、水はけの良い斜面を利用しているので、ラベンダーの栽培には持って来いと言う訳です。もっと花色が華やかな種類もあるのですが、オイルを摘出するのには、このラヴァンディン系が最適なようです。
f0141785_1974350.jpg
しかしこのラベンダーの花色は撮影が難しく、特に暗いと私のカメラでは非常に写りにくいので、訪れるならやはりこんな晴れた日に限ります。
f0141785_1913179.jpg
そして、ラベンダー畑脇に植えられている、典型的なmeadow flowers 牧草地の花も魅力的。
f0141785_1915514.jpg
赤い花はフィールド・ポピー、青は矢車菊、白はジャーマン・カモミールとマーガレット、ピンクはムギセンノウ、黄色は多分ダイヤーズ・カモミールだと思います。この種のポピーは一日花で、気温が高いと午後には散ってしまうのですが、この日は余り暑くなかった為、未だ残っていてラッキーでした。
f0141785_1921722.jpg
ラベンダーの合間にも、所々マーガレット(本当はオックスアイ・デイジー)が混じっています。
f0141785_193075.jpg
ラベンダー畑をたっぷり歩いた後は、休憩小屋でチャリティのおばーちゃん達のケーキでティータイム。でもP太のチョコレート・ケーキは美味しかったのに、私のレモン・ドリズル・ケーキは、スポンジが乾き過ぎていてハズレでした~(涙)。
f0141785_1695152.jpg
やっぱり雰囲気はここが一番だと感じましたが、一昨年前は2.5ポンドだった入場料が、4ポンドに値上がっていたのですよ。幾らチャリティとは言え、凄いインフレ率! 今回は抜群の開花タイミングと天候でしたが、そうでもない限り、ここへは毎年は来れないだろうと思います。




 
[PR]
by derliebling | 2014-07-29 15:43 | 旅行・お散歩

ガラスのマトリョーシカ kawaii

f0141785_2264363.jpg
世の中には様々な柄のマトリョーシカ、また色々な素材のマトリョーシカ(&マト・モチーフ)が存在しますが、ガラス製は結構珍しいんじゃないでしょうか。こちらは、そんなガラスで出来たマトリョーシカ。高さ18cm位で、胴体がデキャンタ、首から上がコップになっている、小振りの水差しです。薄手のガラスで出来ていて、柄部分は擦りガラス状に見えますがプリント。全く古いものではありませんが、気に入ったので中古品をチャリティショップで買いました。シンプルながら、的確にマトを中々可愛く表現していると思います。
f0141785_175351.jpg
これらのキッチン・アイテムと顔が同じなので、多分同シリーズだと思います(白一色で、上手く撮影出来ん…)。だから、多分日本でも販売されているはずです。右は友達Iちゃんから貰ったメジャー・スプーン、左はイギリスの義妹から貰ったメジャー・カップです。皆、私がマト好きなのを良く知っていて贈ってくれました。義妹は、「もう持っているかも知れないけど…」と言ってくれたのですが、既に持っていたのはスプーンのほうで、ラッキーなことに被りませんでした。顔は全て共通でも、お腹の模様が一つ一つ微妙に違います。
f0141785_2341073.jpg
睡眠時の脱水症状を解消する為、夜中に起きた時にすぐに水分を補給出来るよう、大きなコップに水を入れて枕元に置いておくのが、P太の毎晩の習慣です。しかし、何せ猫毛だらけの我が家だから、空中にも沢山舞っていて、蓋無しのコップでは、一晩の内に絶対毛が水の中に入って汚らしいと思うのです。(因みに私は、プリングルズの蓋をコップに被せています。ぴったりなサイズなもので) それで、丁度小振りの水差しを探していたところだったのですが、コップにラップを掛けて置くのさえ億劫がる位だから、きっと「一々コップに注ぐのが面倒臭い」とか言って、この水差しも使ってくれないだろうなあ…。
[PR]
by derliebling | 2014-07-28 15:21 | テーブル&キッチンウェア

おうちで本格インド・カレー、バター・チキン

インドのカレーには、実は「ティッカ」「コーマ」「パッサンダ」等の様々な種類のソースがありますが、その中でも「バター・チキン」は私の最も好きなカレー。日本人が慣れない香辛料やハーブ類独特のクセもほとんどなく、辛さは最低レベルで、実際相当甘くてクリーミィな、子供でも食べられる奇跡的な本格インド料理です(とほほ…、お子ちゃま味覚)。普段は出来合いのソースを買って来て、肉や野菜を加えて温めるだけでしたが(注:野菜は加えるのは自己流)、このバター・チキンのソースなら、もしかしたら自分でも家庭で作れるんじゃないかと思い、ネットで検索した幾つかのレシピを参考に挑戦してみました。
f0141785_21102837.jpg
予め鶏肉は、ヨーグルトとカレー粉と蜂蜜(砂糖でも可)に塗して漬けておきます。モモでも、骨付き肉でも良いそうです。玉ねぎのスライスをニンニク&生姜の摩り下ろしと炒め、カシューナッツ(これがミソ)を加え、トマトの水煮缶を加えてミキサーに掛け、ポタージュ状にします。鍋に移して火に掛け、ヨーグルトごと鶏肉を加えて、カレー粉、コンソメ、塩、パプリカ・パウダーで味を付け、ひたすら煮込みます。急ぐ場合は、圧力鍋が威力を発揮します。特に骨付き肉の場合、火が通り難いので、圧力鍋を使ったほうが良いようです。仕上げに、生クリームとバターを加えます。健康の為に控えめが良いと思ってしまい勝ちですが、この料理に限っては、たっぷり目に入れたほうが絶対美味しいみたい。日本のカレー粉は、いかにも安っぽい味と香りがして、「本格カレーにカレー粉を入れるなんて言語道断」と主張する人もいますが、イギリスのカレー粉はもっとお洒落な味と香りで、辛さも選べます。日本の輸入食材屋でも手に入りますし、イギリスのスーパー等でカレー粉をお土産に買うのは結構お勧めです。手に入らない方は、ガラム・マサラで試してみて下さい。
f0141785_21105338.jpg
バター・チキンには、断然ナーンのほうが似合うのですが、P太が必ずライスも欲しいと言うので、ターメリック・ライスも用意しました。私はコクを出す為に、玉ねぎの他に、ニンジンやパプリカ、マッシュルームも加えて炒めてからミキサーに掛けました。野菜たっぷりで栄養のバランスも良く、中々美味しく出来上がりました。んが!結構バターを加えたはずなのに、市販のソースに比べると、これでもまだまだずーっとアッサリしています。本場やインディアン・レストランやイギリスの市販のカレー・ソースって、本当にギトギト油分たっぷりなんですよ…。それらは余りに油っこくて、美味しくとも、しょっちゅう食べられる料理ではありませんが(翌日お腹を壊すことも)、まあこの自家製なら、飽きの来ない優しい味で、続けて食べても支障はなさそうです(笑)。実際、普通のカレーと同じで、一晩置くと味がグッと締まるので、多めに作るのがお勧めです。
 
[PR]
by derliebling | 2014-07-27 15:39 | 食べ物・飲み物

黄色いビンテージ・エプロン 2種

どちらも、フリマの同じストールで、品の良さげなおばあさんから買いました。遠目にも鮮やかな黄色が映える、1970年代辺りのビンテージらしさがいっぱいの、元気なプリント生地のハーフ・エプロンです。
f0141785_5203960.jpg
一つは、オレンジ、黄色、黄緑色でまとめた、裾の丸いエプロン。バラと言うよりは花札の牡丹のような花柄をメインに、マリー・クワント調のシンプルな花マークを組み合わせてあります。
f0141785_5211865.jpg
版ズレや滲みが激しい稚拙なプリントは、レトロ・キッチュならではの御愛嬌。生地は、ティータオル程度の中厚のコットンです。向かって左上に、白いバイヤス・テープで縁取られた小さなポケットが付いています。こちらには、タグ(レーベル)が残っていて既製品でした。昔の中国製と聞けば、この牡丹柄も納得です。
f0141785_5214621.jpg
もう一つは、フリルと紐とポケットの黄色い大胆な花柄生地はコットンですが、中央の薄いレモン色の無地はテロテロのナイロンと言う、ちょっと珍しい素材の組み合わせ。全部コットンのほうが可愛いのになとも思いますが、食器類を洗っていると、この部分が濡れることもあるので、防水エプロンは機能的なのだと思います。
f0141785_522769.jpg
たっぷりのフリルとハート型のポケットが、デザインのポイント。ビンテージ・シンディのワードローブに、確か似たようなエプロンがありました。こちらにはタグは見当たらず、もしかしたらハンドメイドかも知れません。
  
[PR]
by derliebling | 2014-07-26 15:34 | ファッション・コスメ

ジョージ・ブリアードのホーロー・キャニスター kawaii

f0141785_6234855.jpg
姉が北海道旅行の折に、確か小樽のアメリカン・ビンテージ屋で、ミルクガラスの絵皿と共に、お土産として買って来てくれたものです。それまでアメリカの1950年代の雑貨なんて、然程興味のなかった姉ですが、そのお店は品揃えが魅力的で、更に都内より値段もずっと手頃だったこともあり、すっかり気に入って、自分用にもファイヤーキングのクッキング・ボウル等を購入する程でした。
f0141785_6241490.jpg
これは持ち手の付いた、ホーロー製の蓋付きの入れ物。一応キャニスターと言うことにしていますが、ちょっとシャープで大人の男性的な雰囲気がすることから、お酒をオン・ザ・ロックで飲む際のアイス・バスケット(ペール)かも知れないと思っています。50’sのビンテージと言っても、普段惹かれる可愛いカントリー系ではなく、何となくロカビリーな、または抽象絵画的なテイスト。イラストに、キラキラ光るメタリック・カラーを使用しているところがミソです。パイナップルを中心に、苺、そして右上の楕円の物体は一体?? 今だったら、角度が付いたCD等のディスクが飛んでいるように見えますが、当然その頃は未だ存在しません。
f0141785_6244313.jpg
パイナップルの左側には、葉と水泡??のような模様が。
f0141785_625064.jpg
裏側には、何だかスペーシィな葉っぱが一枚。50年代って、スペース柄も流行っていたそうです。
f0141785_6252216.jpg
蓋にも、金色で菱形のプリントが入っています。蓋の抓みが金属な点にも、何処となく男性っぽさを感じます。側面のイラストにサインが入っていまして、「Georges Briard ジョージ・ブリアード」と言う、アメリカのミッドセンチュリー期の有名なテーブルウェア・デザイナーだそうです。同柄同素材で、ポットやケトル、キャセロール等も存在したようです。
 
[PR]
by derliebling | 2014-07-25 15:33 | テーブル&キッチンウェア

入れ子式の漆器の木箱

f0141785_19533696.jpg
一辺15cm位の地味な塗りの木製の箱で、側面には桜の花が金彩で描かれており、どう見ても昔の日本製です。余り高級ではありませんが、さりとて手作業で丁寧に製造されたもの。私が物心付いた頃には、お土産ものの安物の塗り製品と言えば、既にプラスティック製だったので、これはそれなりに古いものだと思います。多分戦前のものじゃないかと踏んでいますが、古さの割には余り欠けや剥げも無く、状態はまあまあ良好。ただ、外人が思い描くような日本風らしさ(ゲイシャとか天守閣とか富士山+松の木の風景など)は薄い柄なので、イギリスでの価値は低いと思います。手にとってみると、意外にずっしり重みがありました。
f0141785_195419.jpg
蓋を開けてみたら、予想外な展開が。中から次々と小さな箱が現れましたが、普通の入れ子の箱とは違い、ひっくり返すと互い違いに次の箱に収まる、ちょっと独特な仕組みになっています。つまり、上の写真で天辺に見える部分が、実は箱の底なのです。
f0141785_19542160.jpg
積み重ねると、思いの他華やかになりました。箱ごとに側面の色を変えたところが粋。それぞれの箱がきっちり収まる造りは丁寧で凝っていて、日本人の几帳面さがにじみ出ています。私はフリマで50ペンス(約90円)でアジア系の女性から買いましたが、もし京都の骨董市とかなら、それなりの値段で売られていそう。ディスプレイに拘るストールが多いので、売る時にはこの状態で。元々は家庭用と言うよりは、少女が個人で大事に持っていたような風情で、雛祭りなどの際に、中に和紙を敷いてお菓子でも持ったら、雰囲気が盛り上がりそうです。勿論入れ子式ですから、仕舞う時はばっちりコンパクトで場所を取らない賢さです。
[PR]
by derliebling | 2014-07-24 15:33 | 箱・缶・入れ物

50’sのスリープアイの幼児人形

気が付けば、今年ももう半分以上が過ぎてしまったと言うのに、今年の目標の「ミシンを使いこなす」どころか、人形の服すら作っていません! しかし、久しぶりに裸んぼうの可哀想なおにんぎょさんを、フリマで手に入れたので、否応無し(?)に作る気になりました。  
f0141785_3362665.jpg
フリマで結構沢山売られている、他の古い幼児型抱き人形とは一味違う表情が気になり、20ペンスで購入したお人形です。頭だけはソフトビニール製で、残りの体はもっと硬いプラスティック素材(多分ポリプロピレン)です。身長は約30cm。寝せると瞼を閉じるsleep eyesながら、何より気持ち悪くない(笑)、品の良い顔をしている点が気に入りました。髪はダークブラウンで、瞳は青み掛かったグレイ、と言うのも、抱き人形として結構珍しいかも。ほんのり染まった頬や、唇の色も悪くありません。この顔が、ベッツィ・マッコールやマダム・アレクサンダー人形にも似通った、典型的な1950年代(~60年代前半)の幼児人形の顔をしています。背中には「Made in England」の刻印があり、実際その位古いことを物語っています。ただしメーカー名は不明。体付きはその時代の人形にしては少しシンプル過ぎる気がするし、素材感からはもう少し新しく見え、もしかしたら50年代の人形のリプロなのかも知れません。して言えば、アメリカの「Housman」と言う人形メーカーの「 Ruthie」と言う人形、またはイギリスの「Roddy」社、シンディを製造していた「Pedigree」社の50年代の人形に良く似ているので、それらのコピーなのかも。
f0141785_3365328.jpg
とにかく中古玩具の割には、状態は驚くほど良くて、日焼け褪色も無く、手垢汚れも一切ありません。オリジナルと思しき靴下、靴、ぱんつが残ったままで売られていました。髪は若干乾燥してチリチリしていますが、抜け毛や切れ毛等は見当たりません。「どれどれ、小母ちゃんが可愛いべべを作ってあげるからね~(…怖い?)」と言いつつ、我が家に迎えました。この子には、昔の子供服パターンのような、懐かしい正当女児服が似合うように思いました。この黄色い衣装は、まず型紙を起こして試しに作ってみた一番簡単なもの。
f0141785_3371546.jpg
こちらは、スカートと袖にはビンテージのハンカチを使用しました。一辺20cm程度の小さなハンカチなので、服全体を作るのは足りないのです。やっぱり古い人形には、新品の布地より、古い生地のほうがしっくり馴染むように思います。靴の底には「シンデレラ・シューズ、サイズ1」とあり、かつて様々な大きさの既存の抱き人形用に作られていた、イギリス製の代表的な人形向けビンテージ靴のようです。
f0141785_3374171.jpg
一方こちらは、丁度赤のストライプの生地が手に入ったので、前々から作ってみたいと思っていた、1950年代のマッコール社の型紙のデザインを参考しました。「Ding Dong School」と言う、アメリカのテレビの子供向け教育番組に因む女児服のようです。リンゴのアップリケが付いているのは、学校に因む為みたい。今までも何度か人形用に作った、平面にするとキノコ型になるボンネットは、実は元々ここで見たものをヒントにしました。一応リバーシブル。ちょっと身頃が長過ぎて、ローウェスト気味になってしまいました。こんなに小さい子供には、ハイウェスト気味のほうが可愛いかも知れません。意外と、アップリケに一番手こずりました。
f0141785_338321.jpg
ブライトンのアンティーク・モールを見渡しても、これ程状態が良くて可愛い幼児人形はなかったなあ。---ところで、肝心のミシンは?と言うと、相変わらず手縫いメインです! 下手でも手縫いが好きなんです~。人形の服でミシン縫いが必要なのは、せいぜいスカートの裾と、平ゴムを伸ばしながら縫い付ける箇所位で、バッグ等のもう少し大きなものに挑戦しないと、私にはミシンの練習にならないようです…。
[PR]
by derliebling | 2014-07-23 15:33 | おもちゃ・人形

キャス・キッドソンのティーカップ柄ブラウス

f0141785_313356.jpg
このブラウス、発売当初から欲しいと思っていたのですが、何故か買いに行く機会がなく、そのうちついにセールとなり、それは値が下がる訳だから結構なんですけど、オンライン・ショップではあっと言う間に売り切れてしまいました。ところがブライトン支店に行ったら、未だ若干残っていたのです。秋向け新作にも惹かれましたが、そちらは当分待っていてくれるはずなので、今回は迷わずこれを買いました。今年のイギリスの夏は真っ当そうだから(いつもそうとは限らない)、まだまだ着る機会はあります。
f0141785_313243.jpg
紺地にオフホワイト一色でカップ&ソーサー、ティーポット、マグが描かれた、キャスとして割と地味目な柄ながら、丸襟の縁にはループ状のスカラップ・レースが付いている甘いディテールが。デニムのミニスカに合わせた(勿論下にはレギンスを履きますよ…)かっちりカジュアルな服装にも似合いますし、ふんわり白スカートを合わせてガーリーにも着こなせます。紺は万能色で、余り組み合わせる色を選びません。素材は、とろんとしてストレッチの利いたヴィスコス(レーヨン)で、シワにならず旅行にも便利そう。
f0141785_3134937.jpg
このティーカップ&ティーポット柄と言うのは、イギリスでは割と定番の、言わばイギリスならではのパターンで、紺やロイヤル・ブルーなど、青系をベースにしていることが多いと思います。私は昔から好きです。
[PR]
by derliebling | 2014-07-22 15:31 | ファッション・コスメ


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル