<   2011年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

チェコスロヴァキアのネズミのプルトイ

f0141785_19322443.jpg
フリーマーケットで、また「引っ張る車付きおもちゃ」、すなわち「プルトイ」に出会いました。こんどはネズミ三匹ヴァージョンで、耳のみ合皮、後は木で出来ています。今まで「女の子と鳥」、「鉄筋叩きネコ」を手に入れましたが、このプルトイには一体全部で何種類あるんでしょうね。底にはオランダのメーカーのラベルが貼られているものの、チェコ、またはチェコスロヴァキアの製品だと思います。
f0141785_19324015.jpg
ラベルにはCEマークが付いているので、そんなに古いものではなさそうです。でも単純で素朴な、懐かしいかんじが魅力のおもちゃです。こんな原色使いでも、簡潔に無駄の無い造形と木と言う素材で、なんて品良く可愛く見えるんだろうと感心します。紐は無かったので、タコ糸を自分で付けてみました。紐を引っ張ると、車輪が回りながら三匹のネズミの頭がユラユラと上下して揺れる仕組みで、同時に固定されていない首の輪がカタカタ鳴り、何ともゆるい愛嬌があります。
[PR]
by derliebling | 2011-03-31 16:50 | おもちゃ・人形

イギリスの花模様の缶

f0141785_205620.jpg
数年前ウィーンの蚤の市で買ったのですが、イギリス製でした。言われて見れば、いかにもイギリスらしい柄で、要は特に好みと言う訳ではありません(笑)。実直な、悪く言えばクソ真面目でヒネリのない、構成も特に面白みのない写実的なタッチで(決して写実的な絵が嫌いな訳ではないのですが…)、中途半端に古臭いのです。花の色はカラフルで、皆同じ花に見えますが、良く観察すると何気に種類がバラバラ(何故え?)。正面:多分一重のバラ、側面:ガーベラかマーガレットなどキク科の花、蓋:ヒマワリが描かれています。正直言って、ただ安い(50セント)からと言うだけで買いました。しかしこちらに住んでいて、この手の柄に目が触れる機会が多いと、不思議なことにガンコ者の私でも慣れてくるのか、結構愛着が沸いて来ました。何だかこういうデザインが、イギリスの風土や習慣に一番しっくり来るように思えるのです。この缶の絵柄も、決してオシャレではないけれど、家庭的で暖かみがあるようには見えて来ました。今でもイギリスのお年寄りの家で、買った当時からそのまま活躍していそうな缶です。
f0141785_211565.jpg
タテ14×ヨコ12×奥行き7cm位。蓋は蝶番で開きます。元々キャニスターだったのか、それとも、イギリスのことなので紅茶が入って売られていたのかも知れません。私は、今はレシート入れとして使っています。どちらにしても、こういう縦型の缶は、場所を取らないので、キッチンでも卓上でも何かと役に立ちます。
[PR]
by derliebling | 2011-03-30 16:38 | 箱・缶・入れ物

マトリョーシカの紙箱

f0141785_6452081.jpg
キチ吉ちゃんからのウサギのブローチは、こんなマトリョーシカの紙箱に入ってやって来ました。これ、新潟の「マツヤ」と言うお菓子屋さんの、ロシア・チョコレートの箱ですよね。実は、ずっと欲しいと思っていたのです。東京では中々手に入らない、貴重な品だと聞きました。勿論ロシア・チョコレートも凄く気になりますが、可愛い雑貨好きの誰もが、特に東欧雑貨好きなら、絶対パケ買いしたくて堪らなくなる魅惑のパッケージです。マトリョーシカの図案を流行の日本のファンシー雑貨っぽくしないで、色合いも顔もロシアのフォークロアらしさをそのままに生かした、それでいてちゃんと可愛い、驚くべきデザイン性の高さだと思います。側面のデザインも可愛く、あえてロシア文字を多用しているところが、やはり決め手でしょうか。素材のボール紙の薄さからは想像出来ない程、かなり頑丈に立体化されています。
f0141785_6454590.jpg
只、この可愛い箱&ブローチに、キチ吉ちゃんはいきなりガイコツ柄のバースデイ・カードを入れて来た…。そう言われてみれば、何となく古代エジプトのミイラ棺を彷彿とさせる形なのは分かるけどさあ(笑)。
[PR]
by derliebling | 2011-03-29 18:38 | 箱・缶・入れ物

T.G.グリーンの「ポルカドット」のボウル

食器を選ぶ時の条件は、材質が良くて丈夫だったり、収納し易かったり、洗い易くて手入れがラクだったり、値段が自分に見合っていたり…と様々ですが、当然デザインも条件に欠かせない要素だと思います。そして、単にパッと見が好き、可愛いと言うのも勿論アリなのですが、少しでも料理を楽しまれる方なら、「この食器、こんな料理が合いそう!」とか「この器にこんな食べ物を盛ってみたい」と言うインスピレーションが重要なのではないかと思います。このボウルは、私にとって正にそんな食器でした。
f0141785_3391220.jpg
買ったのは、地元のビンテージ屋のようなチャリティショップ。幅は25cm位で、一人分のスープボウルにしては大き過ぎるサイズです。私は一目見て、サラダを盛るのにピッタリ~と思いました。手描き(orスタンプ?)の黄緑の水玉が表面のみあっさり目に施してあり、柄は至ってシンプルですが、ちょっとデコラティブなフォルムや、優しいクリーム色に近いオフホワイトの地色は、1950年代以前の古風でスウィートな雰囲気です(…とか言いつつ、実はうちの土鍋に形も大きさも凄く似ているのが気になる。笑)。底に少し貫入とシミがありますが、ヒビカケはありません。買った後、裏面底のバックプリント部分に貼られていた値札シールを剥がしたら、「Polka Dot、 T.G.Green」と書いてありました。T.G.Greenは、スカイブルーとオフホワイトの太ストライプ柄で人気の「コーニッシュ・ウェア」のメーカーです。この「ポルカドット」は、1950年代初頭に生産されたものだそうです。当時は水玉が流行だったらしく、スージー・クーパーやミッドウィンター、アルフレッド・メーキンなども水玉柄のテーブルウェアを生産販売していました。
f0141785_344622.jpg
このチャリティショップには、絶対ビンテージが好きで詳しいスタッフが居て、衣類も書籍も食器類も、ビンテージとそうでないものに分けられて売られています。ミッドウィンターやホーンジー等の有名で人気のブランド物は、当然それなりのお値段で売られているのですが、たまにこんなチェックから外れたブランドのビンテージが、お手頃価格で売られています。ブランド名やデザイン名がはっきりしていると言う事は、私にとって価値があると言うよりは、原産国や年代等を知る貴重な手掛かりになります。
f0141785_3402649.jpg
もうすぐイギリスでもカーブーツセール(フリーマーケット)の季節が本格化しますが、フリマのほとんど無い冬の時期の古物ハンティングは、アンティーク(ジャンク)モールやチャリティショップを覗くしかありません。普段「高い」「もう滅多に買いたいものがない」と文句ばかり言っているチャリティショップだけど、この冬は結果的には結構収穫に恵まれました。ダメ元と思っていても、例え収穫は10回に一度の確率でも、諦めずにとにかく行って見ないことには何も始まらないんですね~。
[PR]
by derliebling | 2011-03-28 17:30 | テーブル&キッチンウェア

3月の猫便り

f0141785_742631.jpg
非常に久々のポコトラ通信です(汗)。そして相変わらず、ネタはあるのにロクな写真が撮れない為に、記事がアップできない私です…。彼らは相変わらず仲悪く暮らしています(笑。コレ言うの飽きた)。
f0141785_7465892.jpg
しかし、今まで50cmの距離を保てば同じ場所で寝ることが出来たのが、最近は例え私達がそばにいなくとも、30cm位離れていれば一緒に寝ていることが良くあります。
f0141785_752018.jpg
・・・これって、文字通り距離が縮んだと言うことなんでしょうか?? 何としてでも一番居心地の良い場所に居座りたくて、猫のくせにお互い必死にガマンしているだけのようにも思えるのですが(笑)。ケンカは相変わらず毎日しますし(圧倒的にトラが仕掛けることが多い。多分本ニャンは遊んでいるだけのつもり)、何故か庭に居る時は猫キスする二匹です。
---とりあえず、何とか一緒に暮らしては行ける関係だと受け止めております。
[PR]
by derliebling | 2011-03-27 21:00 | 動物

水色の三連プラスティック・ネックレス

f0141785_19451428.jpg
スタッフ不足で滅多に開いていない(涙)地元のチャリティショップで買いました。前から買おうかなとは思っていたのですが、何せ開いてる時に中々行けないものですから。チャリティショップでも、多くはありませんが、アクセサリー類を扱っているお店は結構あります。チェーン店のオリジナルの新品もあれば、最近の商品の中古品、ビンテージも若干あります。ビンテージは、大抵レジ台のショーケースに入っているので、ゆっくりじっくり見辛いかも知れません。
f0141785_19453845.jpg
で、今回は青系の三連のプラスティック・ビーズのビンテージ・ネックレス。青系と言っても、メインはパール掛かったベイビーブルーのビーズなので(ちょっと天然石のブルーレースのような色)、ビーズは相変わらずゴロンと大きいものの、全体的に柔らかい優しい印象です。全てプラスティック・ビーズですが、色も形も質感も様々で、クラシックな奥行きと充実感が有ります。支払いにレジに持って行った時、スタッフのおばあさんが「これ、色が綺麗よね~」と言っていました。
f0141785_19455694.jpg
留め具も、この時代ならではの古風なスタイル。今までも、グリーン系パープル系ピンク系とプラスティック・ビーズのビンテージ・ネックレスを買いましたが、皆雰囲気は似ていても、一つとして同じデザインがないのが、買い集めたり、服に合わせる楽しみだと思います。合わせるとしたら、やっぱり50'sから60's後半を意識した格好に合わせたいと思います。
[PR]
by derliebling | 2011-03-25 08:27 | アクセサリー

フェルト製おうち型ボックス

f0141785_19574751.jpg
イギリスの義妹からも、好みのツボに嵌るバースデイ・プレゼントを貰いました。フェルトで出来た家型の箱です。屋根部分は、フェルトに赤地水玉の布が貼られています。これを見ると、「やはりお屋根は赤くなくっちゃあ」と納得してしまいます(笑)。窓をチェック地にしたのも可愛いし、花の刺繍や木製ボタン、チロリアン&山道テープ、ピコレースなど、可愛い要素がいっぱいです。一方、左の布製マトリョーシカは、Mちゃんからのやはり誕生日プレゼントです。裏にホックが付いていて、中にリップクリームが入れられる便利物です。この家にぴったり~♪と思って並べて撮影しているのですが(マトちゃん、奇跡的に直立しています…)、それも道理で、家の屋根に使われているチロリアン・テープと、日本出身のマトちゃんのテープが、実は色違いの同柄! ただしこのマトちゃんには、家のドアが小さ過ぎて住めないようです(笑)。
f0141785_1958735.jpg
こういう家モチーフ雑貨は、結構イギリスでは根強い人気があるようで、特に今は流行っているようです。コテージ(田舎家)型ティーコジーは昔から定番ですし、キャスからは家型ソーイング・バスケットが出ているし、確かローラ・アシュレイでは家型のドア・ストッパーが売られていました。
f0141785_19582576.jpg
フタは、ボタンにゴムを引っ掛けて閉める仕組みです。中を開けると、内側は可愛いピンクのギンガムチェック張りになっています。これは元々収納ボックスなので、決して写真のように、びよ~んと変なウサギ人形が出てくる訳ではありません(笑)。本当は義妹は、この中にフランス製のネズミ型チョコを入れてプレゼントしてくれました(自分の誕生日に、日帰りでフランスへ遊びに行ったそうです)。開け閉めも簡単だし、机の上に飾っても可愛く、何を仕舞おうかワクワクしながら思案中です。
[PR]
by derliebling | 2011-03-24 17:32 | 箱・缶・入れ物

オールドホールのティー・ストレイナー

f0141785_257094.jpg
最近隣町のチャリティショップで、アラビアのガラスボウルと一緒に買いました。強健な品質とすっきりスタイリッシュなデザインで人気のビンテージ・ステンレス製品、Old Hall オールドホールのティー・ストレイナー、つまり茶漉しです。手持ちのオールドホールのティーポットには、予め茶漉し穴が付いているし、オールドホールではないけれど、ストレイナー自体も気に入った北欧製のを持っているのですが、このウットリ洗練されたデザインを見て、どうしても欲しくなってしまいました。それに状態も、未使用かと思える程良好なのです。オールドホールのティー・ストレイナーを見るのは、私には初めてでした。ちなみにこのチャリティショップでは、同じくオールドホールのポットとクリーマーも、一緒に売られていました。
後から調べたら、オールドホールからは何種類かティー・ストレイナーが出ているのですが、両側にハンドルの付いたようなこのデザインが、最も変わっていてお洒落だと思いました。ただし、このストレイナーには、本来はもっとずっと小さな水滴受けのトレイと言うか、ボウルが付いていたようで、私が買ったストレイナーの下の容器は、実はシュガーボウルなのかも知れません。すっかり受け皿と合わせて斬新で素敵なデザインだと思い込んでいたので、何か拍子抜けした気分ですけど、ストレイナーに受け皿は必要だし、オールドホールのシュガーボウルはまだ持っていないから、まあ良いとするか(笑)。
f0141785_0385813.jpg
質の良いステンレスらしく、軽く叩いただけで澄んだ美しい音色がします。P太もオールドホールのデザインを気に入っているので、家でしばらく一緒に惚れ惚れと眺めました。しかし、本当に使うのが勿体無いほど綺麗な状態だし、もうストレイナーは持っているのに実際使うか?と考えてしまった二人なのでした。
[PR]
by derliebling | 2011-03-23 19:16 | テーブル&キッチンウェア

リス柄のミニバッグ

f0141785_2154567.jpg
お友達のMちゃんからは、リス柄のバッグ(+可愛いもの色々)を誕生日に頂きました。下に敷いてある、ほんのり和風の可愛い鳥柄の布地も、Mちゃんからのプレゼント(ラッピングペーパー代わりに包んでありました)。幅25cm位のミニバッグなんですが、…凄いんですよ。何が凄いかと言うと、こんなに小さいのに、隅々まで凝っていて機能的! マチはたっぷり目にあり、外側にも内側にもポケットがいっぱい付いているのです。何と前面二つ、裏ジッパー付き一つ、中面六つです。ちょっとガーデニング・バッグのようなスタイル。表面は、リス柄のプリントと焦げ茶地の水玉、そしてピコレースで装飾されています。
f0141785_216915.jpg
リス柄は、綿麻混のようなリネン色の生地にプリントされています。中には四葉のクローバーを持っているリスがいたり、周りには花束、鍵、フォークに刺さった苺(!)が散っていたり、愛らしさてんこ盛り。このリスや花束のリボンが紫色なのが、ちょっと大人っぽいアクセントになっています。そして良く見るとラメ付き。このリスは、イギリス中何処でも見掛けるSquirrelではなく、シマリスChipmunkですね。
f0141785_2163553.jpg
裏面のポケットのジッパーには、キラリと苺のチャームまで付いている凝りようです。あえてラブリーな服装ではなく、ブルーデニムなどすっきりナチュナルな格好に合わせたいバッグです。
[PR]
by derliebling | 2011-03-22 18:14 | バッグ・靴・帽子

ふんわり春ウサギのブローチ

f0141785_6304288.jpg
キチ吉ちゃんからのお誕生日プレゼントの一つです。タテ6cm位ある、ちょっと大きめのブローチ。b. vacancesさんとおっしゃるアクセサリー作家さんの作品で、なんとウサギのパーツも手作りなのだそうです。このウサギのパーツが、樹脂製なのに陶器っぽい、なんとも不思議なトロリとした艶の、魅力的な質感です。目にはラインストーンが嵌め込まれ、耳の部分だけほんのりピンクに彩色されています。
f0141785_631771.jpg
ブローチ台に敷かれたレース・モチーフ、キラキラのパープルのラインストーン、樹脂のパンジーのパーツ、メタルパーツのバランスがばっちり決まった、うっとりスウィート&ロマンティックな雰囲気。ちょうど姉から誕生日にプレゼントされた、L'EST ROSEのワンピースにぴったりです!(下に敷いてある布がソレです)。まだまだ寒いイギリスだけど、早く春らしい服装に着けた~いと思わせるブローチです。
[PR]
by derliebling | 2011-03-21 18:31 | アクセサリー


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

人気ジャンル