独眼竜政宗の野望! 仙台青葉城

・・・何だか新春時代劇スペシャルみたいなタイトルです(笑)。伊達家の墓所・経ヶ峯を見学した後は、仙台の主要な観光地を回るレトロ路線バス「るーぷる」に再び乗って、伊達家代々の居城・青葉城へ向かいます。「瑞鳳殿前」バス停を去ると、バスは東北大学のキャンバスの合間を通って、どんどん青葉山を登って行きました。真っ平らな仙台平野から、いきなりこんな結構険しい山道に入るなんて、ちょっと意外です。この青葉山中の竜ノ口渓谷に架かる八木山橋は、高さ数十メートルもあり、自殺の名所となっているそうです…。震災で城の石垣が崩れた為、バスのルートが一部変更になっていました。
f0141785_20422473.jpg
伊達62万石の広大な仙台藩の政の中心で、かつては江戸城に次ぐ規模を誇った青葉城と言えど、今は資料館と土産物屋、立派な石垣が残る位で、後はひたすら広い公園になっています。かつては国宝に指定されていた大手門等が残っていましたが、瑞鳳殿同様空襲で焼け落ちたそうです。雪で覆われた本丸跡の光景は、特に寂しく映ります。詩人で「荒城の月」の作詞家の土井晩翠は仙台出身であった為、「荒城の月」の最有力モデルは、この青葉城であろうと言われています。
f0141785_20432168.jpg
しかしここへ来ると、天然の要塞である独特な地形を実感することは出来ます。生憎悪天候でひどく霞んでいますが、本来はここから仙台平野の眺望は抜群なはずです。
f0141785_20444487.jpg
東側は切り立った崖で、蛇行した広瀬川とその支流が、三方を天然の堀として囲んでいます。戦乱の時代であれば、城を建てるのには、正に理想的な立地だったことでしょう。
f0141785_20472025.jpg
・・・視界が少し晴れてきました。しかしこの雄雄しく堅固な山城は、戦国時代ではなく、江戸時代初期に建てられました。この地を選んで築城したのは、勿論藩祖伊達政宗。実際政宗は、跡継ぎの忠宗に、「この城は時代に相応しくないから、自分の死後は平地に移すように」と言っていたそうです(その後忠宗は、山の麓に城の機能の中心を移しました)。と言うことは、政宗は死ぬまで戦う気満々だった訳ですね~。つまりこのドラマティックなロケーションと眺めは、政宗の野望を表しているのだと感じました。伊達政宗と言う武将は、もう少し早く生まれていれば天下を取れただろうにと言われていた英傑です。外様大名としては最大規模の領地と石高を持つので、徳川幕府もずっと危険視していました。その仙台藩が、戊辰戦争の際は、最後まで忠誠を尽くして幕府側として戦ったのだから、歴史とは皮肉なものです。
f0141785_20475681.jpg
そして、ここへ来たら見逃せないのが、伊達政宗騎馬像。まあこの青葉城址を訪れる観光客は、これを見る為に来ると言っても過言ではないと思います。「スターウォーズ」ファンも必見!(ダースベイダーのマスクのモデルが、政宗の兜らしい)
f0141785_20482027.jpg
この騎馬像自体は、1962年に再建された二代目で、然程古いものではいのですが、政宗公のアイコンに相応しいカッコイイ像だと思います。
f0141785_20485239.jpg
ゲームの影響で、若い政宗ファンも益々増えているようです。城跡内の神社の絵馬も政宗様デザイン。
f0141785_20492989.jpg
「顔ハメ」もあり…。ちゃんと眼帯付きです。
f0141785_20495758.jpg
そして青葉城では、こーんな「おもてなし集団」にも出会えるのです。右から伊達政宗公、片倉小十郎景綱公、普段は米作りに勤しむ足軽田七殿です。この方々、「伊達武将隊」と言う、正式な仙台観光PR部隊なのだそうです。と言うことは、市の職員扱いなのかしらん。若者達が群がっていて、この後私達も一緒に写真を撮って貰いました(笑)。以前京都で舞妓さんや巫女さんに出会えたP太は、今度はサムライですよっ。殿が「どこから来おった」と尋ねられたので、「エゲレスからです」と答えました~。
[PR]
by derliebling | 2012-02-25 17:12 | 旅行・お散歩


こんにちは!「ぴよよん」です。当ブログに御訪問頂き有り難うございます♪ 英国に住んでいますが中欧好きです。蚤の市等で出会った、または手作りなどの可愛い雑貨たちを紹介していきたいと思います。


by ぴよよん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
バッグ・靴・帽子
ファッション・コスメ
手芸用品
ステーショナリー・グラフィック
本・メディア
食べ物・飲み物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(647)
(340)
(218)
(192)
(171)
(170)
(169)
(165)
(152)
(150)
(148)
(147)
(146)
(137)
(136)
(127)
(118)
(98)
(98)
(96)

お知らせ

2014年8月1日より、新ブログで更新しています。

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。確認・返答するまで時間が掛かる場合がありますが御了承下さい。

Copyright
©2007-2016
Der Liebling
All Rights Reserved.





ロンドン ホテル

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2014-08-01 15:30
シトラス・カラーのラインスト..
at 2014-07-31 15:37
赤毛のアンの親友、ダイアナ人形
at 2014-07-30 15:33

記事ランキング

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

検索

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

お気に入りブログ

KICSI KAVE./...
でこぴんぬ
ミンミンゼミ
こけし絵日記~津軽こけし...
うきうきビール生活 in...
Der Lieblin...
国立コーヒーロースター/...
ぴよよんのたわごと
SnowDrop☆gra...

画像一覧

ライフログ

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし (講談社の創作絵本)

UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー

レトロな雑貨に囲まれたあたたかな暮らし―I love zakka home. (別冊美しい部屋 I LOVE ZAKKA home.)

モダンアンティーク・テーブルウエア―1950~70年代イギリスのかわいい食器たち

マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK)

切手で旅するヨーロッパ

えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ

アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに

エプロンメモ

おばあちゃんのエプロン

旅のおみやげ図鑑

乙女みやげ

いやげ物

旅のグ

少女スタイル手帖 (ランプの本)

内藤ルネ―少女たちのカリスマ・アーティスト (らんぷの本)

その他のジャンル